長崎ちゃんぽんリンガーハット 1号店 長崎宿町店

長崎ちゃんぽんリンガーハット 1号店 長崎宿町店

長崎ちゃんぽん」といえば? そう、「リンガーハット」。ちゃんぽん、皿うどん、餃子が主力メニューとなっている、ちょっと異国情緒のあるお店だ。そんなリンガーハットのルーツは、店名にもなっている通り、長崎にある。

長崎駅からバイパスを15kmほど進む。道はどんどん山間になり、本当にこんな場所にリンガーハットの1号店なんかあるのか?と思うような所を延々進んでいく。すると、道の右側に見慣れた看板、チャーミングな赤い屋根のお店が現れる。「長崎ちゃんぽん リンガーハット 長崎宿町店」である。



「長崎ちゃんぽん リンガーハット」の1号店である長崎宿町店だ。
リンガーハットは1974年にこの地に誕生した。創業時の店名は「長崎ちゃんめん」。
その後、「長崎ちゃんぽん リンガーハット」へと改名し、今に至る。


長崎独特の山がちな地形故、このリンガーハットも崖の上のような所に建っている。よって、窓からの眺望は抜群だ。遠く海まで見渡すことが出来る。店内も明るく開放的な雰囲気に満ちている。ちゃんぽんを食べながら、ドリンクバーで長居をし、ボーっと景色を眺めることができる素敵なお店だ。

長崎出身の友人に、「美味いちゃんぽん屋を教えて」と頼むと、本当に「リンガーハット」という答えが返ってくる。中でも、この1号店こと長崎宿町店は別格だという。本当かどうか。ここにも、1号店の神話が生きているというのだろうか。厨房では、かなり慣れた手つきでテキパキとちゃんぽんが作られていく。日本中のリンガーハットのルーツ、その厨房でまさに今も、ちゃんぽんが生まれまくっているのだ。

Vファーレン長崎という地元のサッカーチームを応援している。リンガーハットは地元密着型である。

「ちゃんぽんちゃん」。これは長崎宿町店のオリジナルだろうか?

これがまさに、リンガーハット1号店の「長崎ちゃんぽん」だ。東京のリンガーハットのちゃんぽんと比べ、スープがどこまででも飲める気がする。麺・具・スープのバランスが絶妙で、こってり過ぎず、あっさり過ぎず、これがちゃんぽんのリファレンスだと強く感じさせられた。ちゃんぽんの嫌な部分がほとんど無く、抜群に美味い。具材も十分ボリュームがある。もちろん値段は全店共通である。

今やどの街にもある「長崎ちゃんぽん リンガーハット」。その1号店は長崎の中心街からはかなり離れた場所にあった。それ故、あまり行き易い場所ではないが、普段からリンガーハットを愛しているのであれば、是非一度は聖地として巡礼して欲しい1号店である。長崎出身の人が「リンガーハットの本店は別格」という理由が分かる筈だ。ここには確実に本店の神話が息づいていた。


大きな地図で見る