このブログの説明と作者プロフィール

このブログ「本店の旅」とは?

日本中にある飲食チェーン店
それらの1号店本店はどこにあるのか? そこには何があるのか? を追い求めて、作者のBUBBLE-Bが足を使って日本中に行き、代表メニューを食べて掲載していくブログです。
全国区の有名なチェーン店から、ローカルで展開している小規模チェーン店まで、飲食チェーン店であればひたすら追求していきます。

作者について

author

BUBBLE-B (バブル・ビー)

プロフィール

飲食チェーン店トラベラー、ミュージシャン、ライター。
全国各地で音楽活動をする傍ら、全国各地の食を楽しむ外食好き、旅好き。

本店をめぐる活動を始めるきっかけは、京都にある天下一品の総本店に行った時、明らかに美味い気がした。それを不思議に思い、その理由を店員さんに聞いたところ「他店と同じです」との回答。
ええっ、同じなのか…。ではなぜ、本店だと美味いと感じたのか?
本店という場所だから、そう感じてしまう何かがあるのか?

この謎を解くため、全国の本店や1号店をめぐる旅を始めた。
すると、行く先々で思いもよらぬ数々の創業ロマンとの出会いがあった。
以降、本格的に飲食チェーン店トラベラーとしての活動を開始。以降、精力的に全国のチェーン店を巡り続ける。

また、DJやトラックメイカーとしても活動している。
さらに、麻婆豆腐好きが集まるサークル「全マ連」を主宰する。

Twitter

BUBBLE-BのTwitterアカウントはこちら。
https://twitter.com/BUBBLE_B

著書


全国外食チェーン 本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~を大和書房より出版。チェーン店の本店にはその味以上に「知られざるストーリー」があり、それらを巡ることを新しいツーリズムとして提案する日本初の著書となった。(現在、完売)

メディア登場歴

◇雑誌
2009年 an・an (マガジンハウス)
2012年 サーイ・イサラ (BIGLOBE)
2013年 GINZA (マガジンハウス)
2013年 サンデー毎日 (毎日新聞社)
2013年 サーカス・マックス (KKベストセラーズ)
2013年 週刊プレイボーイ (集英社)
2019年 MONOQLO 2019年3月号 (晋遊舎)
2019年 販促会議 2019年5月号 (宣伝会議)

◇テレビ
2011年 百識王 (フジテレビ)
2017年 おやかまっさん (KBS京都テレビ)
2018年 次課・長州の力旅 (BSフジ/フジテレビ)

◇ラジオ
2011年 ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル (TBSラジオ)
2013年 くにまるジャパン (文化放送)
2013年 ごごばん!フライデースペシャル (ニッポン放送)
2013年 アポロン (東京FM)
2017年 金原みわの珍人類白書 (ラジオ関西)
2019年 もっとつながるFM 5月16日 (ミュージックバード)

◇Webメディア
2013年 エキレビ! (エキサイトニュース)
2013年 ascii.jp (アスキーメディアワークス)
2013年 日刊SPA! (扶桑社)
2013年 NEWSポストセブン (小学館)
2017年 いまトピ (goo)
2017年 メシ通 (hotpepper)
2018年 みんなのごはん。 (ぐるなび)
2019年 ジモコロ (Huuuu)

大使

青島ビール公式アンバサダー
中華料理を食べる時は青島ビールを飲もう!を合い言葉に、青島ビール輸入元・池光エンタープライズ様より公式アンバサダーに任命される。
その活動の一環として、テーマソング「青島ビールの歌」を作・編曲。ボーカルにはテノール歌手・工藤和真氏、MCにEnjo-G氏、ドラムにはファンキー末吉氏が参加し、池光エンタープライズ様からCD化され、イベントなどで配布中。

本店の旅 運営ポリシー

日常に溶け込んでいるチェーン店も必ず1号店から始まった。かつての創業者の苦労と工夫は「魂」となって「おいしさ」に結実し、それは時には舌で感じる「味」以上の体験をもたらす。それは1号店や本店だけにあるロマン。
このブログでは批評サイトのようなことは行わず、歴史探訪のようにチェーン店の1号店や本店を巡り、今に続くロマンを伝えることをポリシーとしている。

本店の旅 独自用語解説

本店

飲食チェーン店において「本店」は様々な意味で使われる。それはこのようなパターンである。

  • 最も最初に出来た店舗(創業店)
  • 最も大きかったり豪華だったりと、気合いの入った旗艦店
  • 本社が併設された店舗(いわゆる本店所在地)

つまり、本店だからと言って1号店ではない場合がある。
また、イメージ戦略のために銀座や道頓堀といった一等地に、新たに「本店」として出店することもある。
さらに、エリアごとに本店を持たせている店舗もある。例えば「渋谷本店」「新宿本店」など。その場合は本店として扱わない。

1号店

最初にオープンした店舗。創業店のこと。
ただし、道路拡張などの都合で閉店し別の地に移転することもあるが、それでも1号店は1号店として扱う。
1号店を作った時は株式会社化される前の個人店だったりすることが多く、狭小店舗だったり、交通不便な土地にあることが多い。
また、店舗によってエリアごとに1号店を設けている場合がある。「池袋1号店」「難波1号店」など。その場合は1号店として扱わない。

ルーツ店

そのチェーン店のレシピを考案した起源の店だが、チェーンを運営する会社とは現在も無関係な店舗のこと。
あるレシピが売りのラーメン店として一大チェーン店となった店舗だが、創業者は個人経営のラーメン屋の従業員出身で、そのレシピは個人経営のラーメン屋にあったものの場合、そこはルーツの店という意味で「ルーツ店」と呼んでいる。
もしくは、小規模にチェーン展開をしていたが、途中で大半の店舗の名前が変更される中、その店舗だけは昔の名前のままで運営されている場合など。

最古店

1号店は既に閉店され、さらに本店としての店舗も存在しない場合は、現存する最も古い店舗を最古店として扱う。
最古店も閉店してしまうと、その次に古い店舗が最古店となるため、いつの時点の最古店かも明記する。

跡地

1号店やルーツ店が閉店し、その跡にある土地や建物のこと。

飛び地ェーン

ローカルでチェーン展開をしているが、そのエリアから遠く離れた所にポツンと1店舗~数店舗だけあったりする店舗のこと。ローカルチェーンが東京などの都心に少しだけ出店するような場合が多いが、全く別の地方に突然出店するような場合もある。実例はこの記事を参照。
【トピック】「飛び地ェーン」を攻める!

BUBBLE-Bへのお問い合わせ、出演・執筆依頼、ファンレターなどがあれば、以下のフォームからお送り下さい!
(メールでも受け付けます。 info (at) bubble-b.com までお送り下さい)

お名前必須
メールアドレス必須
URL
お問い合わせ内容必須