【閉店】タリーズコーヒー シアトル1号店 Flagship

シアトルで生まれたエスプレッソ

「シアトルでタリーズコーヒーを探すには、スターバックスの店の前に立ち、あたりを見回すことだ」とまで言われるタリーズコーヒーは、ずっとスターバックスコーヒーとの良きライバルだ。
創業の地は双方ともシアトルであり、かつては本社ビルですら、道路を挟んで向かい合わせに建っていたと言うのだから、どれだけ意識し合っているんだという話である。

日本ではスターバックスコーヒー上陸の後、続けてタリーズコーヒーも上陸し、あちこちでその店舗を見かけることができる。
エスプレッソ系コーヒーを中心に軽いクッキーやマカロンなどを用意するスターバックスと比べ、タリーズコーヒーはアイスクリームやサンドウィッチまで用意している。そもそもコーヒーの味そのものが両者では結構違うように思える。

(追記:アメリカ本国のタリーズコーヒーはすでに倒産しています)

タリーズコーヒーの1号店はシアトル市内の角地に位置している。広い道路に面していることで、すぐに発見することができる。

ただし、スターバックス1号店のように世界中からファンが押し寄せるということにはなっておらず、こちらは実にひっそりとしており、落ち着いた存在だった。

広くて落ち着いた雰囲気のフロアにはピアノも

店内は広く、余裕のある作りだ。

マークは世界共通である。

カウンターにはエスプレッソマシンなどが設置されている。

1号店のフロアは広く、かなりのんびりとしている。スターバックス1号店とは対照的である。

そしてこのタリーズ1号店の最大の特徴はフロアに置かれたグランドピアノであろう。演奏されることはあるのだろうか。さぞゴージャスに違いない。この辺もスターバックスへの対抗意識のように受け取れてしまう。

サンドウィッチなどのショーケースもある。

これがタリーズコーヒー1号店アイス・ラテだ。そのマイルドな口当たりは日本で飲んだ味と変わらず、1号店でもそうであった。
タリーズコーヒーの歴史はスターバックスコーヒーらと共にシアトル発のコーヒー文化の歴史であり、スターバックスコーヒーと競い合ってきた歴史でもある。この1号店のそれぞれのキャラクター作りの差違は、世界中に広がるタリーズコーヒーの店舗にもちゃんと受け継がれているように思えるのだ。

タリーズコーヒー シアトル1号店 Flagshipの地図


大きな地図で見る