タリーズコーヒー シアトル1号店 Flagship

タリーズコーヒー シアトル1号店  Flagship

「シアトルでタリーズコーヒーを探すには、スターバックスの店の前に立ち、あたりを見回すことだ」とまで言われるタリーズコーヒーは、ずっとスターバックスコーヒーとの良きライバルだ。創業の地は双方ともシアトルであり、かつては本社ビルですら、道路を挟んで向かい合わせに建っていたと言うのだから、どれだけ意識し合っているんだという話である。

日本ではスターバックスコーヒー上陸の後、続けてタリーズコーヒーも上陸し、あちこちでその店舗を見かけることができる。エスプレッソ系コーヒーを中心に軽いクッキーやマカロンなどを用意するスターバックスと比べ、タリーズコーヒーはアイスクリームやサンドウィッチまで用意している。そもそもコーヒーの味そのものが両者では結構違うように思える。

IMG_0472
タリーズコーヒーの1号店はシアトル市内の角地に位置している。広い道路に面していることで、すぐに発見することができる。

IMG_0473
ただし、スターバックス1号店のように世界中からファンが押し寄せるということにはなっておらず、普通のタリーズの店舗として存在しているかのようである。

IMG_0474
店外・店内ともに、残念ながらここが1号店であることを示すシンボルを見つける事はできなかった。

IMG_0475
マークは世界共通である。

IMG_0774
カウンターの様子。

IMG_0775
1号店のフロアは広く、かなりのんびりとしている。狭く、人でいっぱいのスターバックス1号店とは対照的である。
そしてこのタリーズ1号店の最大の特徴はフロアに置かれたグランドピアノであろう。演奏されることはあるのだろうか。さぞゴージャスに違いない。この辺もスターバックスへの対抗意識のように受け取れてしまう。

IMG_0777
サンドウィッチなどのケースもちゃんとある。

IMG_0779
これがタリーズコーヒー1号店のアイス・ラテだ。そのマイルドな口当たりは日本で飲んだ味と変わらず、1号店でもそうであった。
タリーズコーヒーの歴史はスターバックスコーヒーらと共にシアトル発のコーヒー文化の歴史であり、スターバックスコーヒーと競い合ってきた歴史でもある。この1号店のそれぞれのキャラクター作りの差違は、世界中に広がるタリーズコーヒーの店舗にもちゃんと受け継がれているように思えるのだ。


大きな地図で見る

本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。

海外カテゴリの最新記事