とん八 本店

とん八 本店

山形生まれ、山形育ちのとんかつ店!

山形生まれのとんかつチェーン店「とん八」。山形県内を中心にチェーンするローカルとんかつチェーン店だ。
その1号店は、山形市南館にある「本店」である。


DSC06688
DSC06686
DSC06685
DSC06689
DSC06690
とん八は、株式会社三栄本社によって運営されているとんかつチェーン店である。

株式会社三栄本社は主に山形県内を中心に、モスバーガーやなか卯、コメダ珈琲店のフランチャイズを受け持ちつつ、その経験を活かしたオリジナルのブランドとして1992年6月に新規オープンしたのがこの「とん八」だ。

とん八の1号店この山形市南館にある本店となる。2018年11月現在、山形県内を中心に8店舗で運営されている。

店内の様子

DSC06710m
DSC06712
本店はテーブル席と座敷席があり、まさにレストランだ。

DSC06705
「とん八 豚肉へのこだわり」
ここにある「平牧」というのは、山形県の「平田牧場」のことで、ここで生産される三元豚豚肉のブランドとして広く認知されているものである。

DSC06706
地産地消にこだわるとん八。
米、野菜ともに山形県産にこだわっているという。

地産地消にごたわる!

DSC06691
こちらがとん八 本店のグランドメニュー。

DSC06692
上述の平田牧場産の三元豚をはじめ、米、キャベツともに山形県産にこだわっているという。

DSC06693
とんかつのスタンダードメニュー。

DSC06699
DSC06701
ここでは、「上ロースかつ膳」をオーダー!

DSC06700
「上ロースかつ膳」は平牧の三元豚を150g使用したものだ。

DSC06694
とん八 創作世界とあるように、創作とんかつメニューもラインナップされている。焼とまチーズ上ロースかつ膳の迫力が凄い。

DSC06696
丼もの、カレーもラインナップ。

DSC06697
なんと、うどんやそばまである。とんかつ専門店で、まさかの麺類

DSC06698
特に「山形名物 芋煮カレーうどん」は珍しいかも。

芋煮は最後にはカレー粉を入れて、芋煮カレーにしてフィニッシュする、ということがよくあるそうなのだが、いわゆるそれなのだろう。これは食べてみたい!

DSC06713
限定メニューもある。どちらも凝りに凝ったメニューだ。

DSC06702
テーブルの上には塩、七味、梅ドレッシング、ごまドレッシングがラインナップしている。
とんかつ店のドレッシングは、メインの揚げ物に対して、こういったノンオイル系のさっぱりしたものがラインナップしていることが多い。

DSC06720
塩はとん八オリジナルブランド焼き塩仕立て 坂田の塩がラインナップ。
個人的に、とんかつを塩で味わうことが好きなので、こだわりの塩が置いてあると嬉しい。

サクサクのとんかつだ!

DSC06715
そして運ばれてきた「上ロースかつ膳」

DSC06717
これが平田牧場の三元豚!!
写真では分かりづらいが、肉がやんわりとしたピンク色をしている。

DSC06718
山形県産の米を使ったご飯

DSC06719
そして山形県産のキャベツ!!

ご飯、キャベツともに一口で美味しさが伝わってくる。さすが地産地消の味、と分かるほどだ。
これらご飯、キャベツ、味噌汁はおかわり自由という太っ腹なのもとん八の特徴だ。贅沢!

そして何より、平田牧場産の三元豚を使った上ロースがとてもやわらかく、そして豚肉の濃厚な旨みが味わえる。脂肪の所は甘く、口の中に脂肪分の旨みがいっぱいに広がる。

オリジナルのトンカツソースはやや甘めで、豚肉の味を引きだしてくれる。
これを坂田の塩で食べると、さらに豚肉の味がどんなものか分かる。

極上のとんかつをリーズナブルな価格で楽しめるのは、さすがのローカルチェーンといったところだろうか。
山形県産の食材にこだわったとんかつチェーン、とん八
極上のとんかつ体験ができた。

とん八 本店の地図