手造りうどん たまき 直江本店

手造りうどん たまき 直江本店

出雲地方に訪れたら、是非食べたい味

出雲地方でうどんとそばのレストランを展開する「たまき」
その1号店であり本店は、出雲市の直江にある「直江本店」だ。

JR山陰本線の無人駅「直江駅」
ここから約1キロのところにある。

国道9号線沿いにあるここが「手造りうどん たまき 直江本店」だ。

たまきの創業は古く、1948年に出雲そばの製造業として創業した玉木製麺をそのルーツとする。

その後1977年、第二の創業としてうどんとそばのレストラン「たまき」を開店。それがこの直江本店である。

現在、島根・鳥取に8店舗で展開されているチェーン店だ。

うどん・そばの専門店ということで、メニューもうどんとそばを中心にしたもので構成されている。

落ち着きのある店内と、豊富なラインナップのお土産たち

店内は和の雰囲気で統一されており、落ち着きがある。

テーブル席の他、多人数でも一度に座れる畳席も用意されている。

こちらは小上がりの座敷席。

そば打ち用のめん台が見れるようになっている。

たまきオリジナルのお土産もたくさんラインナップしているようだ。

こちらは干しうどん干しそば。それぞれ「雲州うどん」「出雲そば」だ。

出雲名物「オロチそば」もある!

こちらは生麺のコーナー。冷蔵庫で冷やされている。
かなりカジュアルな価格なので、この近所の人は日常生活に気軽に出雲そばを取り入れることが可能だろう。うらやましい!

うどんとそばと、「しょけめし」は必ずオーダーしたい

こちらがたまき 直江本店のグランドメニュー。

1ページ目はうどんから。
数々のうどんがラインナップされている。

面白いのは「SD大盛」つまり、セーフティドライバーなら大盛り無料なのだという。
これは、ゴールド免許を持っている人が申請できるカードだ。
ゴールド免許保持者は、是非とも作っておこう。たまきで大盛りのうどんを食べるために。

うどんとおかずや丼ものを組み合わせた定食のページ。
うどんはそばにも変更可能だ。

そして出雲そばのページ。
出雲そばもさまざまで、温かい汁ものの「天ぷらそば」のようなものから、定番「ざるそば」、そして出雲そばならではのスタイル「割子そば」もラインナップしている。

ファミリーメニューとして、うどん・そば以外のメニューもある。

驚きなのが、「出雲ナポリタン」

出雲の食材だけで作られたナポリタンだという。それにしてもベーコンの迫力が凄い!

ここでは「梅とじあんかけうどん」をオーダー。

そして、たまきもう一つの名物メニュー「しょけめし」も併せてオーダー!

コシのあるうどん、濃厚な出汁、そしてしょけめしの絶妙さ

しばらくして運ばれてきた「梅とじあんかけうどん」「しょけめし」

これが「梅とじあんかけうどん」
たまきオリジナルの創作うどんだ。

その名の通り、つゆはあんかけで、玉子とじとなっている。
では「梅」は?

これが梅!
なんと、梅干しの種を取って、そのまま天ぷらにしたものが二つ、トッピングされているのだ。

梅干しの天ぷらは、初めて見たかも知れない。

麺はやや太く、しっかりとコシのあるものだ。

この麺にからみつくあんかけ玉子とじ。あんかけは出汁の味がしっかり感じられる濃厚なもので、その組み合わせは多幸感そのもの。
そこにアクセントとして天ぷらの梅干しが与えられる。

そしてこちらが「しょけめし」
しょけめしとは、出雲弁で炊き込みご飯のこと。

これがもう、絶妙なバランスで成り立っている味付けで、辛くもなく甘くもなく、どれだけでも食べていられそうな味なのだ。
こんな炊き込みご飯、他で食べたことがない。

味付けはホンノリとしたものだが、それは自然由来を目一杯に感じられる優しいもので、どれだけ食べても全く飽きない。
魔法のような炊き込みご飯だった。

うどん(もしくはそば)としょけめし。このセットだけで、出雲のグルメをかなり満喫できそう。
そんな夢が叶うのが、「たまき」というレストランなのかも知れない。

手造りうどん たまき 直江本店の地図

島根県カテゴリの最新記事