テンホウ 最古店 諏訪 城南店

テンホウ 最古店 諏訪 城南店

長野のテンホウ、それはみんなのテンホウ

長野県を中心に中華レストランを展開している「テンホウ」
「みんなのテンホウ」とも呼ばれるこの店の2017年5月現在の現状最古店は、諏訪市城南にある諏訪 城南店である。

DSC06480

DSC06481

DSC06487

DSC06488

DSC06490

DSC06491

テンホウってどんな店?

テンホウのルーツは古く、1956年に「天宝 鶴の湯 餃子菜館」を創業したところから始まる。

それ以前に、上諏訪の温泉街にて「天宝 鶴の湯」という名前の旅館を営んでいたことから、「天宝 鶴の湯 餃子菜館」という店名となった。

1973年に、初代社長が創業者より事業を引継、(株)テンホウ・フーズとして創業。「餃子菜館」はテンホウの1号店となった。(その後閉店)

創業当時からのこだわりの餃子とラーメンが地元で人気を博し、2017年5月現在、長野県内にて直営店28店舗、FC店3店舗で展開している。

DSC06492

ここ「テンホウ 諏訪 城南店」は2号店であり、現存するテンホウでは最も古い店舗となっている。

DSC06489

これ以上無いほどシンプルな看板メニュー。その安さに目を奪われる。
タンタンメン490円って!

DSC06509

明るく開放的な店内にも、たくさんのポスターが。
なんと「テンホウ浪漫」なるオリジナルの地ビールまである!

充実したメニュー

DSC06498

DSC06493

DSC06494

テンホウ 諏訪 城南店のメニュー。外のシンプルな看板メニューとはうってかわって、かなり多彩なラインナップを揃えている。

DSC06495

ここでは人気No.1の名物メニュー「タンタンメン」をオーダー。

DSC06496

プレミアムフライデーには餃子が安くなる!

DSC06499

ラザニアぎょうざなどの変わり種餃子も期間限定でラインナップしている!凝っている!
しかもテンホウグルメ第12弾

DSC06500

間違い探しもある。上下に間違いが8つ、見つけられるだろうか?

DSC06501

テンホウオリジナルの地ビール「テンホウ浪漫」。テンホウの餃子やラーメンに合うようなテイストとなっているのだという。飲んでみたい…

DSC06502

DSC06503

テーブルに置かれたラーメン用の七味もテンホウオリジナルラベル。
根元 八幡屋礒五郎は、長野県で300年近く続く七味唐辛子の老舗だ。

絶品のタンタンメン

DSC06505

そして運ばれてきたのは、テンホウ 諏訪 城南店のタンタンメン

DSC06506

「辛くない」と書かれたとおり、とてもマイルドなスープが印象的。それよりも、自然な旨みを存分に感じることの出来るスープの味付けが、やみつきになってしまう。

DSC06508

中麺のストレートといった感じの麺を、スープにからめて食べる。テンホウで長年培われた伝統の味は絶妙な優しいバランスで、これが490円とは到底信じられない高クオリティの、愛されている理由がすぐに分かる味であった。

長野県内で40年以上の歴史があるテンホウ。その2号店は地元の人達で満員で、今も愛され続けていた。