ステーキ宮 1号店 宇都宮店

「宮」の意味とは

全国で展開するステーキレストランである、「ステーキ宮」
店名の「宮」とは、発祥の地である栃木県宇都市から取られた文字である。
1号店は、「宇都宮店」だ。

「宮」の文字のインパクトは、一度見たら忘れないほど。

東武宇都宮駅から日光街道を北に進んだところにあるステーキ宮 宇都宮店が、ステーキ宮の1号店だ。

Steak & Hamburgと書かれた装飾が、これからのステーキ気分を高めてくれる。

宇都宮生まれの老舗ステーキハウス

ステーキ宮は、1975年に創業したステーキハウスである。
当初の1号店は栃木県庁の前にあった県庁前店だったが、後年移転され、こちらの宇都宮店が1号店扱いとなっている。

「宮のたれ」と呼ばれる独自の和風ソースが人気の秘訣となり、80年代から90年代にかけて着々と店舗数を増やしたが、2000年代初頭にあったBSE騒動を期に苦境に陥り、2006年にはコロワイドの傘下となって経営の立て直しを図る。

2019年12月現在では、愛知県に本社を置く株式会社アトムによって全国に144店舗で運営されている。

店内はボックス席が中心で、大人数でもゆったりとくつろげそうな作りになっている。

ハンバーグとステーキ、どれも食べたくて…

昼時だったので、ランチメニューが用意されていた。

ページをめくると、まずはハンバーグから。
様々なバリエーションのハンバーグランチが用意されている。

ランチメニューはライスかパン、そしてスープバーが付いてくる。
サラダバーは別料金だ。

今回は「ハンバーグ&ひとくちてっぱんステーキランチ」をオーダー!
ハンバーグとステーキ、その両方を楽しめる欲張りなランチだ。

メニューは他にもチキン系のものや、

創業の味と銘打たれたステーキランチ、

ステーキのさまざまなバリエーション、

ハンバーグとステーキのコンビメニューもたくさんラインナップしている。

ちなみにランチタイム以外のグランドメニューの注文方法はこのように行う。
スープバーとサラダバー、それぞれが独立している。

とにかくバーが大充実!その自由度の高さ

ステーキ宮では、サラダバー、ドリンクバー、スープバー、ソースバーとバーが充実している。
こちらはドリンクバー

こちらはスープバー

豊富なラインナップが嬉しい、サラダバー

そして好きなソースをチョイスできる、ソースバー

ソースバーのソースは、デミグラスソースグレービーソースガーリックトマトソース和風オニオンソース、そして宮のたれの5種類がラインナップしている。

テーブルの上には岩塩とコショウがスタンバイしている。

ハンバーグとステーキを、あのタレで!

しばらくして、ジューシーな音と共に運ばれてきたのは「ハンバーグ&ひとくちてっぱんステーキランチ」

その名の通り、ハンバーグと共に一口サイズのステーキがプレートの上でセットになっているものだ。

こちらがステーキ宮のハンバーグ

ステーキ宮のハンバーグは、毎朝手ごねをして作っているという自家製ハンバーグだ。
肉汁は少なめでややドライだが、粗挽きで肉肉しい味わいが、さすがステーキ専門店のオリジナルハンバーグだと思わせてくれる。

こちらはひとくちてっぱんステーキ
ステーキが食べやすいサイズにカットされているものだ。

ここに、秘伝の「宮のたれ」を…

ドバ~っとかけると、醤油ベースで和風のたれと肉の味とが完全にマッチ。
これぞステーキ宮の味!と言えるものになるのだ。

ハンバーグもステーキも肉の旨味を感じさせてくれる良質なものだが、ソースバーから選んだ好きなソースやテーブル上にある岩塩やコショウなど、好みに応じた様々な味付けが可能なところがステーキ宮の特徴だ。もちろんサラダバーもスープバーも種類が豊富で楽しい。

自分好みの味が作れるステーキレストラン、それがステーキ宮の魅力なのだろう。

ステーキ宮 1号店 宇都宮店の地図