来来亭 1号店 野洲本店

滋賀生まれのこってりスープ「来来亭」

破竹の勢いでチェーン店舗数を伸ばしているラーメンチェーン店の一つ、「来来亭」
滋賀県をルーツとする、こってり系のラーメンだ。
その1号店は、滋賀県野洲市にある「野洲本店」だ。

交通量の多い国道八号線沿いで、JR野洲駅からは少し離れているが、歩けないことはない。
ただ、車で行く方が良いだろう。

北上して行くならば、眼前に近江富士が現れると、来来亭は近い。

パチンコ屋さんの駐車場の敷地内に、突如現れるこの来来亭こそが1号店である。

黄色くドギツい看板も、オープン当初からの伝統である。
周囲の風景には溶け込まず、この黄色がとにかく目立つ。そしてこの看板を見ると、あのこってりスープを想像してしまう。恐ろしい色である。

来来亭が創業したのは1997年のこと。創業者である豆田敏典氏は第一旭での修行経験があるという。

2019年9月現在、全国で200店舗以上で運営されている。

かなり体育会系なスタッフの活気を感じる店内

店内の大きさは標準的な来来亭のものである。
やたら活気のある店内は、オープン時である1997年の時から今も変わらない。(筆者はオープン時から行っている)

ラーメンのカスタマイズが自由に出来ることも来来亭の特色だ。

そして「情熱 ・・・ 抜けません!」が来来亭のお約束。

カウンター席はこんな感じ。
青いカウンターが印象的だ。

来来亭のグランドメニュー。
定食メニューも充実し、ガッツリ食べたい人も満足できるだろう。
なお、塩ラーメンは2014年からレギュラーメニューに加わった。

今回は普通の「ラーメン」をオーダー。

カウンターに直接貼られたカスタマイズの表。
ここでも情熱は抜けないことになっている。

ちょっとしたアクセントも用意してくれる。

テーブルの上の調味料たち。
左から辛味噌、梅干し、ラー油、餃子のタレ、コショウ、醤油、ソース、酢、塩、餃子のみそたれ。

甘みのある不思議な醤油ラーメンにハマる

しばらくして運ばれてきたのは、来来亭 野洲本店のラーメン
何も言わなければ、鶏ガラ出汁のしょうゆラーメンとなる。

こってりと背脂が乗っているが、甘みのあるスープが特徴だ。

その味のルーツは豆田氏がラーメン修行をした第一旭などの京都ラーメンを感じさせるが、やはり来来亭ならではの味となっている。

麺は細麺のストレート。割とコシのある麺となっている。

途中で味変をしたくなったら、辛味噌をプラス。
少しスパイシーにして、スープを飲むとまた美味しい。

今や関西にとどまらず、全国に勢力を広げる来来亭。
この来来亭1号店が出来た当時、何て美味いラーメン店が出来たものかと、足繁く通った記憶が蘇る。
あの時の味がまだここにあった。

来来亭 野洲本店の地図

来来亭のおとりよせ