くいしんぼ如月 1号店 若松店

くいしんぼ如月 1号店 若松店

高知の名物は坂本龍馬とカツオのたたきと、チキンナンバン

高知県内で展開する、コンビニエンスストアと弁当店を融合したチェーン店「くいしんぼ如月」
高知県民のソウルフードと言われる「チキンナンバン」が有名なこの店の1号店は、高知市にある若松店だ。

DSC01773
DSC01774
黄色い看板に描かれたこの男の子は、「くいしんBOY」という名前だ。

DSC01775
堂々とした店構えのくいしんぼ如月 若松店
弁当屋であると同時にコンビニエンスストアである。

DSC01776
「名物 チキンナンバン」と書かれた看板がとにかく目立つ。
そう、くいしんぼ如月と言えばチキンナンバンと言われるほど、高知では長年親しまれている定番グルメなのである。

地域に根付いた味

DSC01777
くいしんぼ如月は1981年11月、コンビニエンスストアを運営する有限会社よりみつにより、弁当テイクアウトの事業部として設立された。
当初は3店舗同時のオープンであったが、2018年9月現在、その3店舗で現存しているのはこの若松店のみとなっている。

2018年9月現在、高知県内で21店舗で展開されている。

DSC01790
DSC01789
店内はまさにコンビニそのものだ。飲料品や食品、日用雑貨まで普通に取りそろえられている。

DSC01784
店舗内には簡単なイートインスペースが用意されている。

DSC01786
なんといっても弁当屋としてのカウンターと厨房こそがくいしんぼ如月の最大の特徴である。

DSC01779
メニューサンプルもたくさん用意されており、ビジュアル的に把握しやすい。

DSC01782
これが「チキンナンバン」
515円とリーズナブルな価格である。
たっぷりとかけられたオーロラソースが、むやみに食欲を刺激してくる
(くいしんぼ如月のチキンナンバンはタルタルソースではなく、オーロラソース)

DSC01781
くいしんぼ如月のメニュー一覧。「はみ出し弁当」「スーパーBIG」など、くいしんぼ如月に慣れていないとイメージできないようなメニューもある。さらにはうどんやカレーなども用意されている。

DSC01783
そこかしこに貼られた派手なポスターが食欲を刺激してくる。

DSC01787
なんとご飯の大盛りは無料

DSC01791
焼きそば風スパゲティの「ジャポリタン」なるものもラインナップ!
新潟のイタリアンとはまた解釈が違いそうだ。

DSC01785
釣具屋さんの「Fishingハヤシ」と「くいしんぼ如月」のコラボステッカーが完成したということで、告知されている。
「リープル」(高知ローカル飲料)とのコラボステッカーに続く第2弾だという。くいしんBOYが釣りをするオリジナルのイラストで、店頭で発売中とのこと。

DSC01788
如月の社是も掲げられている。それは「情熱」「挑戦」「創造」だ。

これが高知のソウルフード!オーロラソースで召し上がれ

DSC01792
そして完成した「チキンナンバン弁当」!!

DSC01793
くいしんぼ如月オリジナルの包み紙で包装されている。

DSC01798
箸もくいしんぼ如月 シグネチャーモデルだ。

DSC01795
これがくいしんぼ如月の「チキンナンバン弁当」
高知の人がソウルフードと言ってやまない弁当が、まさにこれだ。

ふりかけがかけられたご飯部、チキン部、ポテサラ部の3つに分かれたシンプルな構成である。

DSC01796
チキンにたっぷりとかけられたオーロラソース。

このオーロラソースはくいしんぼ如月独自のもの。
サウザンアイランドドレッシングに近い味わいのもので、その独特のチープさが絶妙にチキンとマッチし、最高の味わいを醸し出す。

DSC01797
そしてこのポテサラがダークホースのように美味い。
やや塩味が効いて、粒が細かく滑らかなポテサラは、ひたすら食欲を進ませてくれる。これは危険な味である。

高知にコンビニがほとんど無かった時代から親しまれ、今もなお定番であり続けるくいしんぼ如月のチキンナンバン弁当。
ソウルフードとは奇をてらったもので無く、地元の人が空気のように接し愛している食べ物であるとするならば、このチキンナンバン弁当はまさに完璧なソウルフードではないだろうか。

くいしんぼ如月 1号店 若松店の地図