おおぎやラーメン 1号店 安中店

群馬でみそラーメンを食べたくなったら

群馬を発祥の地とし、栃木・埼玉・長野へもチェーン展開するラーメン店「おおぎやラーメン」
その1号店は「安中店」である。

DSC02122

DSC02119

DSC02121

DSC02118

DSC02120

「おおぎやラーメン」
北関東や長野県の国道沿いに、大きく目立つ看板を見た事がある人も多いだろう。

DSC02123

おおぎやラーメンは、そのルーツとして1972年、ラーメンチェーン店であるくるまやラーメンのフランチャイズ1号店として、この地に「安中店」を開業する所から始まる。
くるまやラーメンのスタートは1970年なので、まさに黎明期だ。

その後、半年に1店舗のペースでくるまやラーメンのフランチャイズ店舗を開業させていくが、1991年にくるまやラーメンのフランチャイズから独立
1992年には新しく「おおぎやラーメン」としてブランドを確立させた。

2018年10月現在、群馬・栃木・埼玉・長野を中心に56店舗で運営されている。

屋台のような雰囲気の店内

DSC02128m

おおぎやラーメン 安中店の店内の様子。
屋台をイメージしたようなカウンター席と、家族連れでも利用できるテーブル席がある。

DSC02134

厨房カウンターの上に掲げられた、代表的なメニューなど。やはりみそラーメンが推しである。

DSC02133

なんと、みそラーメンの解説図が貼られている。

DSC02132

おおぎやラーメンのフィロソフィ。おいしさいっぱい、笑顔がいっぱい。

人気No.1は、やはり…

DSC02138

おおぎやラーメンのグランドメニュー

DSC02125

人気No.1のみそラーメンから始まるメニューとなっている。
醤油やとんこつ、塩ラーメンもラインナップしている。
餃子はもちろん、チャーハンやカレーライスもある。

DSC02126

ここは人気No.1のみそラーメンをオーダーしよう。

DSC02130

テーブルの上にはコショウ・酢・しょうゆ・ラー油・一味。

DSC02131

おおぎやラーメン シグネチャーモデルのおてふき。

DSC02129

味噌1グラムに微生物が100万~1000万個も含まれているとは、味噌、恐るべし!
微生物よ、お前達はこれからラーメンのスープとなって一生を終えるのだ。終えないか…?

DSC02135

店長イチオシメニューもある。ネギ辛みそラーメンなど、トッピングが華やかなラインナップだ。

DSC02136

チャーハンやカレーとのセットメニューも充実している。

これぞ、真夜中に食べたくなるような味!

DSC02140

そして運ばれてきた、おおぎやラーメン 1号店 安中店「みそラーメン」!!

DSC02141

なみなみと注がれたみそスープ。その中央にはモヤシ、そしてモヤシの上にはすりおろしたニンニク
これぞおおぎやラーメンのオリジナルスタイルだ。

DSC02142

麺は中太麺。ツルツルとした食感と、確かなコシが楽しめる。

みそのスープはややコッテリとしており、モヤシやニンニクを混ぜて麺と一緒に食べることで、ガッツリとしたみそ味が楽しめる。
これはふとした時、特に夜中に猛烈に食べたくなるような味ではないか…!

くるまやラーメンと比較されることが多いおおぎやラーメンだが、こちらの方がこってり度が高く、パワー系と感じた。

群馬に発祥した北関東のラーメンチェーン、おおぎやラーメン
長年に渡ってこだわり抜いたみそ味を試してみて欲しい。

おおぎやラーメン 1号店 安中店の地図