やきとりの名門 秋吉 1号店 福井片町店

やきとりの名門 秋吉 1号店 福井片町店

入店すれば男性なら社長に、女性ならお嬢さんになれる焼き鳥店がある。
それは、福井県を発祥の地とし、2017年2月現在、北陸・関西・東海・甲信越・関東に109店舗展開する焼き鳥チェーン「やきとりの名門 秋吉」

その1号店は、福井市・順化にある。福井発祥のB級グルメ、ソースカツ丼を提供する「ヨーロッパ軒 総本店」の向かいにある。

DSC05571
DSC05572
DSC05573
福井の繁華街、片町。ここにあるやきとりの名門 秋吉 福井片町店は、1959年6月、福井大仏の近くに、たった四坪「やきとりの名門 秋吉(旧本店)」として創業した。

創業者の島川丈男氏は当時、たった一人で店をオープンさせた。島川丈男氏は当時、借金・夜逃げという逆境の状況で、背水の陣でこの店をオープンしたのだという。

その後数回の移転を経て、現在の福井片町店となっている。

DSC05574
店内はとにかく威勢があり、賑やかだ。

男性客は「社長」女性客は「お嬢ちゃん」と呼ぶのは、秋吉の伝統である。
そしてたまに一人客での入店時に「十人様いらっしゃいました!」とまで言ったりする。

とにかく、厨房の中はグルーヴ感に満ちているのだ。

DSC05575
秋吉のメニュー。基本的に5本ずつとなる。そしてこの手軽な価格… コストパフォーマンスは最高である。

DSC05581
燃えさかる火の中で、オーダーした焼き鳥が焼かれている。

DSC05580
秋吉を代表するメニュー「純けい」。純けいとは若鳥ではなく卵を産み終わった後のひね鳥のこと。
この純けいをからしたれに漬けて食べるのが、秋吉のスタンダードである。

コリコリとしたやや硬めの歯ごたえと、噛むと感じる鶏の旨みを、からしたれがビシっと締めてくれる。これぞ秋吉の伝統の味だ。

DSC05579
こちらは「はらみ」。

DSC05577
こちらは「しろ」。

福井発祥の焼き鳥チェーン「秋吉」。その1号店である福井片町店は、全国で100店舗を超えるチェーン店となった今も、厨房の賑わいや熱々でジューシーな焼き鳥の味、そして「社長!」「お嬢ちゃん!」も含め、全てが大事に、そして福井で飲む人々を楽しませるために、大変な賑わいであった。

福井県カテゴリの最新記事