カレーのチャンピオン 野々市本店

カレーのチャンピオン 野々市本店

金沢のご当地カレーといえば!?

金沢には金沢カレーというご当地カレーのシーンがある。
いくつかある金沢ご当地カレー店のうちの一つ、チャンカレこと「カレーのチャンピオン」の本店は、石川県の野々市にある。

DSC05612
DSC05613
DSC05614

金沢カレー、その長い歴史

金沢カレーは、全国に店舗出店しているゴーゴーカレーの知名度が高いが、金沢カレーという名前が用いられるようになったのはゴーゴーカレーが新宿に1号店を出店した2004年以降のことで、実は金沢のカレーには長い歴史がある。

その源流は諸説あるが、この「カレーのチャンピオン」のルーツは、カレーのチャンピオン創業者である田中吉和氏が1955年に考案したカレーのレシピがあり、それは1961年に創業したカレーのチャンピオンのルーツ店である「洋食のタナカ」で提供されていたものだ。

その後、「洋食のタナカ」は「カレーライスのタナカ」となり、そして1971年「ターバン」として新規開業。
1974年には現在のカレーのチャンピオン野々市本店の近くに、新たに「ターバン」をオープン。
1991年には「タナカのターバン 野々市工大前」を開業。
1996年になって「タナカのターバン 野々市工大前」は、新たに「カレーのチャンピオン」として創業し、装いを新たにした。

このように金沢カレーにはかなり複雑に絡み合った歴史があるが、創世記から実に60年近い歴史がある。

DSC05616

カレーのチャンピオンはルーツである石川県を中心とした北陸と、東海地方、一部関東・関西・北海道も合わせて、直営・FC店の合計で2017年2月現在41店舗のチェーン店である。

広い店内には、金沢カレーの歴史を感じさせる展示の数々が

DSC05617

カレーのチャンピオン 野々市本店 入り口のメニューディスプレイ。

a1

店内の様子。かなり広いが、カウンター席がメインとなっている。

DSC05619

本店らしく、カレーのチャンピオンの歴史が掲示されている。

DSC05620

田中吉和氏の東京修業時代の写真。

DSC05621

「洋食のタナカ」創業前、田中吉和氏がカレーのレシピを考案したという「ニュー・カナザワ」時代の写真。

DSC05622

「カレーライスのタナカ」時代のメニュー。

DSC05623

カレーのチャンピオンの原点。

DSC05624

DSC05625

田中吉和氏の貴重な修行時代のノートも展示されている。

DSC05629
カレーのチャンピオン 野々市本店のテイクアウトコーナー。

金沢カレーのスタンダードを食べてみる

DSC05628

グラスが大きい! これも金沢カレーの伝統?

DSC05626

DSC05627

そしてこれが、カレーのチャンピオン 野々市本店のチャンピオンカレー
トッピングの無い、最もベーシックなメニューだ。

ドロっとコッテリしたルーが最大の特徴。そしてステンレスのカレー皿。これが金沢カレーのスタンダードである。

ご飯に満遍なくかけられたカレーのひたすらコクのある風味は、60年間、金沢を代表するソウルフードであり続けている。



カレーのチャンピオン 野々市本店の地図