もりもり寿し 野々市本店

もりもり寿し 野々市本店

金沢は海産物が美味しく、そのため回転寿司も競争の激しさとレベルの高さを感じるお店が多い。
そんな中、地元でも人気であり、首都圏や関西にも出店をしている「もりもり寿し」
その1号店は石川県・野々市にある。

DSC05643
DSC05644
もりもり寿しは2017年2月現在、株式会社ウエノフーズサービスにより石川県を中心に全国で20店舗ほどを展開している。

DSC05632
公式ホームページが存在しないため沿革などの詳細が把握しづらいが、もりもり寿しの1号店である野々市本店が開業したのは1991年である。

DSC05634
もりもり寿しはここ野々市の店舗を1号店とし、今に至っている。
もりもり寿しが開業する以前のこの建物は元禄寿司だったという。

DSC05639
もりもり寿しのレギュラーメニュー(軍艦ページ)。

DSC05638
もりもり寿し 野々市本店の店長おすすめメニュー。もりもり寿しは「3点盛り」が充実している。

DSC05640
2016年3月に「もりもり寿し 能登総本店」がオープンした。
ここは、株式会社上野フーズサービスの創業者であり代表取締役の上野謹一氏の故郷である能登に対して、地元に恩返ししたいという想いからの開業だという。

つまり、もりもり寿しには1号店としての野々市本店と、新たに開業した能登総本店の2つの本店が存在する。

DSC05635
店内はカウンターとテーブル席がある。注文はiPadによるタッチパネルも用意されているが、板前さえに直接言っても良い。

DSC05636
もりもり寿しのお手ふき。

DSC05637
もりもり寿しの湯飲み。

DSC05641
もりもり寿司 野々市本店の「のど黒炙り」。金沢の寿司の定番である「のど黒」、かなり脂が乗っている!

DSC05642
「ぶりトロ」。富山湾で採れた良質なぶり!もちろん脂の乗りも最高!

新幹線も開通し、観光客が大きく増えた金沢。
近江町市場にも「もりもり寿し」があり、そこで食べたことのある人も多いだろう。ここ野々市本店はややアクセスしにくい場所にあるが、それだけにこちらは地元に長く愛されている店舗といった雰囲気に満ちている。
金沢のローカルを楽しみたければ、野々市まで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

石川県カテゴリの最新記事