【移転前】ゴーゴーカレー 新宿総本店

【移転前】ゴーゴーカレー 新宿総本店

石川県発祥の金沢カレーとして人気な「ゴーゴーカレー」。あのゴリラのイラストと、松井秀喜氏をプッシュする店内で印象に残っている人も多いだろう。

ゴーゴーカレーの1号店は、新宿西口地域にある「新宿総本店」だ。

DSC06317
DSC06319
ゴーゴーカレーは新しいが、そのルーツは歴史あるものだ。

金沢カレーのルーツは70年代初頭に遡る。当時、「カレーハウス・ターバン」という店舗があった。そこから分家して「カレーのチャンピオン」という店舗が生まれたりと紆余曲折ある中、カレーハウス・ターバンの姉妹店として生まれたのがこのゴーゴーカレーであり、石川県の企業ながら最初から首都圏での金沢カレーの普及を織り込んだ開業であった。それが2004年の事である。

DSC06320
DSC06322
その狭い入り口の階段から、トゥーマッチな情報量に圧倒される。
これは、かなりコッテリとした金沢カレーのルーのトゥーマッチさを表現したものだと思いたい。
とにかく情報量が多い。

DSC06321
DSC06323
DSC06324
そして突如(いや、頻繁に)現れる、松井秀喜氏のサインやら何やら。
とにかくオープン当初からゴーゴーカレーは松井秀喜押しなのであった。ゴーゴーというのも松井秀喜の背番号55にちなんでいる。石川県出身の松井秀喜はこのカレーを食ってメジャーに行ったのだ、と言うわけだ。

DSC06326
こんな暴力的なメニューがある。

DSC06327
どんなものかというと、これだ。5人くらいでやっと食えそうな量である。ワールドチャンピオンクラスのカレーだ。これを一人で平らげる男になってみたい。

DSC06329
店内は狭い。1号店の店内が狭いのは信頼できる証しである。

DSC06328
壁にも所狭しと何かしら貼られている。
そして液晶ディスプレスからエンドレスで、○○店が開店して盛り上がってる所の様子みたいな映像が流れ続けている。

自己店舗のサクセスストーリーやレコメンドを、これでもかというほど入店している客にアピールし続けるのも、またゴーゴーかれーの特徴である。
個人的にはそういう物は要らないと思っているが、無くなると寂しい気もする。松井氏が引退した今、松井推しは今後も続けていくのであろうか。

DSC06331
謎の高額カレー「55万円カレー」なるものの写真が掲げられている。輪島塗の食器が54万円くらいするのではないのか、という気もする。

DSC06330
これがレギュラーなカレー「ゴーゴーカレー」の並サイズである。
こってりとしたルーとキャベツを同時にフォークで食べる。重さのある味。強烈なカレーが好きな人にはたまらないだろう。


大きな地図で見る