【閉店】マクドナルド 日本1号店 晴海通り店

【閉店】マクドナルド 日本1号店 晴海通り店

世界広しといえど「マクドナルド」を知らぬものはいないだろう。
世界のファーストフードのスタンダードだ。

ビッグマック1つの値段が、国のインフレ度合いや物価指数になるくらい、マクドナルドはもはや空気のような存在。人々に広く深く愛されている、最も身近なアメリカだ。
そんなマクドナルドが日本に上陸したのは、40年近く前の1971年のことだった。

場所は東京の一等地・銀座。その中でも三越といえば、最もステータスのある場所である。マクドナルドの日本第1号店は1971年7月20日、銀座・三越の1階に華々しくオープンし、たちまち流行の最先端として大きなムーブメントを日本に起こす。

三越の1号店は期間限定の店舗で、1年後にはこの地で初めての常設店をオープンさせる。これが「晴海通り店」だ。
ビルの外観はキーボードをあしらったデザインとなっている。
なお現在は閉店し、2号店である代々木店が最も古い店舗となっている。

ここがマクドナルド1号店の入り口である。ぱっと外を見ただけではここが1号店だとはとても分からないような、どこにでもあるようなマクドナルドであるが…

こんな記念プレートが入り口の横に掲げてあった。
「マクドナルドハンバーガー 発祥の地 1971.7.20」と! 

ちなみに現在は本社の社長室に保存してあるという話だ。

マクドナルド創業者である藤田田は、「日本人の髪の毛を金髪にしてみせる」と言い切った。その第一歩がまさにこの場所なのである。日本人はあれから40年、金髪にはならなかったが、茶髪人口は劇的に増えた。西洋文化を分かりやすく日本に持ってくることへの挑戦とその成功。マクドナルド第1号店には藤田田の挑戦のドラマがあるわけだ。

店内はあまり広くないが、大勢のお客さんで賑わっている。

店内に掲げられたパネルは、創業当時の三越時代の写真。大勢の若者が、まだ珍しい「ハンバーガー」を求めて長蛇の列を成している。大阪万博から1年後の出来事である。創業スピリット、まさにここに息づくといった感じである。

これが1号店のビッグマックのバリューセットだ。ビッグマックは世界の指標。マクドナルドは万人に愛される味を発明した。
そして今でも高い品質管理基準で安く手軽にハンバーガーを提供し続けるマクドナルド。もはや世界中に星の数ほどある全ての店舗で均一のサービス水準を維持し続けるのは、人類の進化以外に何物でも無いように思える。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事