【閉店】マクドナルド 日本1号店 晴海通り店

日本のファストフード史に残る店補

世界広しといえど「マクドナルド」を知らぬものはいない。名実ともにファストフードの世界スタンダードだ。

ビッグマック1つの値段が国のインフレ度合いや物価指数になるくらい、マクドナルドはもはや空気のような存在。
人々に広く深く愛されている、最も身近なアメリカだ。
そんなマクドナルドが日本に上陸したのは、40年近く前の1971年のことだった。

場所は東京の一等地・銀座。その中でも三越といえば、最もステータスのある場所である。マクドナルドの日本第1号店は1971年7月20日、銀座・三越の1階に華々しくオープンし、たちまち流行の最先端として大きなムーブメントを日本に起こす。

三越の1階の店舗は期間限定で、期間終了後に常設店としてオープンしたのが「晴海通り店」だ。
(※現在は閉店)

ここが日本マクドナルドの1号店だ。

ビルの外観はキーボードをあしらったデザインとなっている。

なおこの1号店のオープン4日後にオープンした2号店である代々木店が、現在では最も古い店舗となっている。

入り口にはこんなプレートが掲げてあった。
「マクドナルドハンバーガー 発祥の地 1971.7.20」と! 

これぞ1号店の証である。
ちなみに現在は本社の社長室に保存してあるという話だ。

日本マクドナルド創業者である藤田田氏は当時、「日本人の髪の毛を金髪にしてみせる」と言い切った。
その第一歩がまさにこの場所なのである。
藤田田氏の創業の熱を感じる場所だ。

晴海通り店のカウンター。

店内に掲げられたパネルは、創業当時の三越1階での店舗時代。
大勢の若者が、まだ珍しい「ハンバーガー」を求めて長蛇の列を成している様子だ。

日本の外食ビッグバンとなった大阪万博からたった1年後の出来事である。

これが1号店のビッグマックのバリューセットだ。

今でも高い品質管理基準を持ち、安く手軽にハンバーガーを提供し続けるマクドナルド。
もはや世界中に星の数ほどある全ての店舗で均一のサービス水準を維持し続けるのは、大阪万博が掲げたテーマ「人類の進歩と調和」を体現しているかのようだ。

大きな地図で見る