【閉店】さくら水産 1号店 九段目白通り店

【閉店】さくら水産 1号店 九段目白通り店

「さくら水産」を知っているか。昼はサラリーマンが対象の安価なランチ、夜も安価な海産物がメインの居酒屋である。ここ数年で、全国に多く展開しているように思えるが、そんなさくら水産のルーツはどこだろう。

さくら水産の1号店は、日本武道館のすぐ近くにある「九段目白通り店」だ。ここからさくら水産の歴史はスタートした。

入り口は決して派手ではない。

さくら水産の1号店は、細い階段を降りたところにある。この秘密の階段を降りたら、魚肉ソーセージが待っているわけだ。さくら水産は、まさに安リーマン達のためのコットンクラブと言えよう。

昼時にはこの券売機が大活躍する。さくら水産のランチメニューは「A定食」「B定食」の2種類の日替わり定食があり、大概片方が魚、片方がフライものとなっている。ごはん、生卵、ふりかけ、のり、みそ汁はお代わり自由であり、500円という衝撃プライスだ。味や雰囲気を最優先しない人にとって、これほど魅力的なランチは無いだろう。

九段目白通り店のフロアである。U字型のカウンターが3つと、右側に座敷がある。座敷は週末の人が多いときや、宴会の時のみ利用されているようだ。昼時のランチは、このカウンターに座って見知らぬ人と体を寄せ合い、おかわり自由な卵を我先に一つでも多くと、月の小遣い3万円の中から少しでも元を取ろうというお父様方のビジネスマンシップが遺憾なく発揮される戦場となる。

メニューはこのように海産物が中心で全体的に安価であることが、一目見て分かる。

オーダーする時は、オーダー用紙に個数を記入するのがさくら水産のルールだ。

手前にある小皿が、さくら水産第1号店の魚肉ソーセージである。全てのさくら水産の魚肉ソーセージのリファレンスとなるべく、ソーセージの切り方は均一であり、マヨネーズの盛りつけ方も芸術的と言えるほど美しかった。やはりここにも1号店のミラクルは存在したのだ。そして海産物の鮮度は抜群で、飲み物もとにかく安い。さくら水産は安さと手軽さを提供する居酒屋として今日も明日も魚肉ソーセージを切り刻んで行くのだろう。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事