牛角 本店 三軒茶屋店

牛角 本店 三軒茶屋店

焼肉の人気チェーンの一つ「牛角」。歴史はまだ15年ほどだが、牛角で食べたことがある人は多いのではないだろうか。
そんな牛角の本店は、東京の三軒茶屋にある「三軒茶屋店」だ。

DSC06285

田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩5分の所に、牛角の本店はある。

DSC06286

入り口には大きく「本店」と書かれた看板が掲げられており、牛角の本店であることを主張している。

元々牛角は、1996年に「七輪」という名前で創業した。今の牛角の特徴である七輪で肉を焼くスタイルだったわけだが、翌年1997年に「牛角」に改名。名前の意味は、牛の角(つの)をアンテナに見立て、お客さんの声に耳を傾ける、というものだ。
元々の創業の地からは少し移転し、現在のこの本店となっている。

その後、焼肉を低価格に、おしゃれな店内で、七輪で焼いて食べるというスタイルが受け、日本中でブレイクし、チェーン店網を広げたのは皆さんもご存知であろう。

DSC06288

牛角1号店はこじんまりとしている。1号店が適度に狭いのは1号店探訪的には萌えポイントであるが、牛角もまた例に漏れずである。そんな店内に、威勢のいい声が響く。

なお、店内が満員の時は、外で待つことになる。

DSC06294

牛角の名物、七輪にくべる木炭を焼くかまどである。狭いスペースで、作業をスムーズに行うのはなかなか難しそうだ。

DSC06296

入り口の脇には、牛角ロサンゼルス店の店舗写真が掲げられている。
牛角は海外にも積極的に出店している。

DSC06291

牛角と言えばカルビ!
これが牛角の看板メニューである「牛角カルビ」。本店の牛角カルビの様子である。

日本にカジュアルな焼肉ブームを作りだした牛角。それは、女性でも気軽に入りやすく、おしゃれで、安く、そして美味いという今のスタイルがあるから。そのスタイルはまさに、牛の角をアンテナに見立ててお客さんの意見を聞いて作られていったものなのだろう。事実、隣の席もその反対側も女性客で、焼肉ってこんなに身近になったのだなぁと思わせる雰囲気があった。その立役者である牛角の創業の地で食べる牛角カルビは格別である。


大きな地図で見る