フレッシュネスバーガー 1号店 富ヶ谷店

フレッシュネスバーガー 1号店 富ヶ谷店

ハンバーガーは安価で適当な食べ物だというイメージがある中、手作りの良さを味わえるハンバーガーにこだわり続けているのがここ、「フレッシュネスバーガー」だ。そのため、日本に数あるファーストフード店と並列に語られることは少なく、独自の価値観を保ちつつけている。


フレッシュネスバーガーは、1992年に渋谷は富ヶ谷の地にオープンした、比較的新しいハンバーガーチェーン店である。1号店は「富ヶ谷店」
周囲は東京大学と、閑静な住宅地に囲まれている。建物は、いかにもハンドメイドのハンバーガー屋さんという佇まいだ。

当時の創業者は、この建物を発見して「ここでハンバーガーショップをやりたい」とひらめき、フレッシュネスバーガーを創業したのだという。
この建物は、以前は演劇の稽古小屋だったという。

ベンチなんかもあって、外で軽く食べることもできそうだ。

ハンドメイド感あふれる看板があたたかい。

外に掲示されたメニュー。もちろん中にもある。

店内はレトロな雰囲気で、ハンバーガーを味わうにはぴったりだ。

訪問時は20周年ということで、記念のポスターが掲示されていた。

フレッシュネスバーガー富ヶ谷店のカウンターである。
ケチャップやマスタードの他に、チリソースなど色々な種類の調味料で自分好みのハンバーガーに出来るのも、フレッシュネスバーガーの大きな特徴だ。

お客さんが自由に書けるノートが常備されているのが、富ヶ谷店の大きな特徴だ。

どの書き込みもお店への愛に溢れており、ほっこりしてしまう。
まさに、1号店という場所で、創業時の熱い想いを今に伝えているからこそ、お客さんもそれに感づくのかも知れない。

フレッシュネスバーガーはハンバーガー屋であり、ファーストフードではない。そのため、注文してからハンバーガーが運ばれてくるまで数分かかる事がよくある。これは、フレッシュネスバーガーにオニオンリングのセットだ。全国のフレッシュネスバーガーを代表するメニューである。

創業時から今も変わらない、フレッシュネスバーガー。せわしない、時間短縮だけのためのハンバーガーではない、プレミアムな価値観を提供してくれる。これぞ日本のハンバーガーの味である。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事