伝説のすた丼屋 ルーツ店 サッポロラーメン国立店

伝説のすた丼屋 ルーツ店 サッポロラーメン国立店

「すた丼」が「スタ丼」だったころ

ニンニクを効かせたボリュームある豚丼で人気の「伝説のすた丼屋」
現在、株式会社アントワークスが運営する伝説のすた丼屋は、2018年8月現在、日本国内に留まらずアメリカにも進出し、80店舗で運営されている

そんな伝説のすた丼屋のルーツとなるお店は、東京都の国立にある「名物スタ丼 サッポロラーメン 国立店 」であり、株式会社アントワークスとは無関係な店舗として、現在も営業中である。

DSC00721
DSC00722
DSC00723
DSC00724
今でこそ「すた丼」として広く認知されているが、そのルーツはここ「サッポロラーメン 国立本」の1メニューであった「スタ丼」である。

国立で生まれたスタ丼、その歴史

時は1971年、創業者である橋本省三氏がこの地に「サッポロラーメン 国立店」をオープンさせる。
「若いやつらに安くて旨いものを腹いっぱい食べさせてやりたい」との想いから、試行錯誤を経て産み出されたのが「スタ丼」だ。

その後スタ丼が美味いと口コミで広まり、元従業員が独立して起業。「名物スタ丼の店」としてスタ丼の専門店を展開。
「スタ丼」がひらがな表記の「すた丼」となったのは、ここからである。(サッポロラーメンとは別法人)

2004年に高田馬場にオープンした「名物すた丼の店」が大ブレイクしてからは、店名を「伝説のすた丼屋」に改め、全国展開を開始し、今に至っている。
アントワークス社が快進撃を続けているその間も、ルーツ店であるここ「サッポロラーメン国立店」は、当時の味を提供し続けている。

これがスタ丼!シンプルな味にある普遍性

IMG_E7051
店内は写真撮影禁止なので、運ばれてきた「スタ丼」を。

大盛りご飯の上に海苔、その上にニンニクの効いた豚肉をトッピング、さらに生卵も、という構成は今の「すた丼」と変わらないが、こちらの「スタ丼」の見た目はどこか素朴である。
昭和の大衆食堂のメニューといった趣だ。

IMG_E7052
味も淡泊で、シンプルそのもの。

「すた丼」といえばドギツいニンニクという印象だが、こちらはあっさりとした味で、ニンニクもさほど強くない。
あれ?と拍子抜けしてしまうほどだ。

しかし、最初はこれだったのだろう。この素朴な味が当時の若者を虜にしたのだ。
壁一面に貼られた大学の体育系部活の選手のサイン。ここが今も体育会系選手御用達の店であることを思わせる。

レトロな店内で、45年以上前の「スタ丼」を味わう。そんな不思議なタイムスリップを体験できる希有なルーツ店であった。

伝説のすた丼屋 ルーツ店 サッポロラーメン国立店の地図

東京都カテゴリの最新記事