プロント 0号店 新宿西口店

プロント 0号店 新宿西口店

1号店より前の店がある。それは0号店… 狐につままれたような話だが、店舗がそう言ってるんだからそうなのだ。ルーツ店とも違うそれは、パイロット店舗。つまり、実験店舗がまだ残ってますよ、ということ。
「プロント」の1号店、もとい0号店は、新宿駅西口にある「新宿西口店」である。

DSC06452
DSC06453

昼はカフェ、夜はバー、というハイブリッド型ブランドで展開するプロント。
今の太陽と月のマークは、2001年の「プロントルネッサンス」と呼ばれるブランド再構築によりデザインされたものだという。昼も夜もそれぞれの楽しみ方が出来ますよ、という意味である。

さらにいうと、プロントはUCC上島珈琲とサントリーの共同出資による会社「プロントコーポレーション」により運営されている。昼はUCC、夜はサントリーという、それぞれの持ち味を活かした店舗というわけだ。

新宿西口のあるプロント0号店は、他のプロントとはかなり赴きが異なる。看板のデザインも全く違う。

DSC06463

入り口入ってすぐの所にあるこの写真。
このプロント0号店がオープンした時のものだという。つまりこの看板は、オープン時のもののデザインをキープしたものなのだ。

オープンは1988年となる。この0号店を最初にオープンさせ、その後銀座に1号店を開いた。
あまりにも実験的店舗であったため、この0号店で様子を見たのだろう。

DSC06454

無く子も黙る狭小店舗に1号店トラベラーの血が騒ぐ。
カウンターと、壁にある小さなテーブルのみの、細長い店舗だ。なかなかこんな狭いプロントも無い。
実験店舗ということで、全体の売上よりも坪当たりの売上をチェックしたかったのだろうか。その辺のことが忍ばれて、かつ現在でもこの状態で営業が続けられており、0号店の風情を感じることができる。

DSC06455

0号店のカウンター。カフェのメニューがある。

DSC06457

と思ったら、横にはビールサーバーが。これぞプロントだ。

DSC06464

アルコールのメニューもある。

DSC06456

角ハイボール推しだったりして、大人な雰囲気である。大人というか男だ。

DSC06458

最もポイントが高いのはこのコースター。0号店オリジナル。素晴らしい。
こういう物をさりげなく用意する1号店は、そこに行った客からすると激烈にブランド価値を高めるのではないだろうか。だってもらって嬉しくない人はいない。ノベルティである。

DSC06460
DSC06462

新宿西口ハイボールが復刻したというのでオーダーした。
強めの炭酸と、酸味の効いたフルーティな味。
昼はカフェ、夜はバー、というのがプロントだが、ここで昼から酒飲むと幸福感に浸れるので良い。

新宿駅近くで、昼からハードボイルドな気持ちで飲む。
プロントはオシャレなイメージが強いが、この0号店だけは「男のための店」だった。
異質な空間に満足して、ホロ酔いになって店を出た。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事