【閉店】洋麺屋 五右衛門 1号店 渋谷公園通り店

【閉店】洋麺屋 五右衛門 1号店 渋谷公園通り店

全国にあるパスタチェーンの大手、洋麺屋 五右衛門。
箸で食べるちょっと和風なパスタ…と異色な存在ながらも、それが日本人に合っていたのか、安定した人気を誇っている。
そんな洋麺屋 五右衛門の1号店は、渋谷の公園通りにあった。

DSC06493
DSC06492
渋谷駅から渋谷公会堂の方に歩く上り坂の道は、公園通り。代々木公園に向かう道である。
その公園通りを一端上りきって、渋谷公会堂の向かいくらいにある路地に、洋麺屋 五右衛門の1号店は存在する。

DSC06495
大好物の狭小店舗である。と言いたい所だが、近年、地下のフロアが増床されたので、合計の面積では狭小ではなくなったが、それでも広くはない。
やはり1階のカウンター席で、目の前でシェフが調理しているのを見ながら食べるのが格別である。

DSC06494
洋麺屋 五右衛門は、渋谷駅近くのグルメタウンの8階に「渋谷本店」がある。こちらは駅近のロケーションと、そこそこの広さがあり、豪華なサラダバーまである。まさに旗艦店に相応しい、本店だ。

対してこっちの1号店は創業店舗らしく、狭い。最初は知る人ぞ知る店だったのかも知れないな、なんて思いをはせる。

創業は1976年である。イタリアンチェーンの創業としては1978年創業のカプリチョーザより古く、まさに古参と言える。

DSC06498
カニと海老と本からすみのペペロンチーノ 1100円。
今時のパスタの値段を考えると若干高めな価格設定であるが、とにかく内容が濃い。
和風といえば和風で、結構コッテリとした味わいでガツンと来る。
カプリチョーザとは全く違う方向性の味だと言える。毎日は食べたくないが、猛烈に食べたくなる日が来るタイプの味だ。

大阪万博以降、日本に洋食が本格的に入って来た頃、イケていた渋谷界隈で、イタリアンなのに五右衛門(五右衛門風呂のようにぐつぐつ煮るからだろう)と名付けたセンスもそのままに、今も1号店では凝ったパスタを出し続ける。
全国に340店舗ある洋麺屋 五右衛門だが、1号店はこの場所にあり続けている。日本のパスタの歴史は、渋谷の歴史と共に、ここに刻まれ続けていくだろう。

本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。


大きな地図で見る