回転寿司やまと 1号店 館山店 (鮨 やまと)

回転寿司やまと 1号店 館山店 (鮨 やまと)

千葉の地魚が美味しい回転寿司

千葉県内で展開する回転寿司チェーン「回転寿司 やまと」
その1号店は、館山にある「鮨 やまと 館山店」だ。

DSC00323
DSC00322
DSC00321
DSC00320
国道127号 館山バイパス沿いにあるこちらが、回転寿司 やまとの1号店こと、鮨 やまと 館山店である。

回転寿司やまとの歴史

DSC00324
1996年、ここ館山にオープンした「スーパー回転寿司 やまと」が、回転寿司 やまとの1号店である。

その後、2012年にリニューアル
いけすや回転レーンが撤去され、特急レーンと対面のカウンターのみとなり、回転寿司ではなくなったため、館山店は「鮨 やまと」に名称が変更された。

回転寿司 やまとは、千葉の水産加工会社である株式会社ヤマトによって、2018年7月現在、千葉県内に9店舗で運営されている回転寿司チェーンだ。
この館山店や海浜幕張店は江戸前寿司のスタイルとなっている。

どの店舗も、房総半島の港で水揚げされたばかりの新鮮な魚を味わえることが特徴だ。

DSC00325
鮨 やまと 館山店の営業時間は11時から21時半となっている。

DSC00345m
DSC00344
店内はテーブル席とカウンター席になっている。テーブル席には、注文した寿司が高速のベルトコンベアで届くレーンが設けられている。

DSC00347
シャリには江戸前赤酢をブレンドしたものに変わったそうだ。

DSC00327
入り口すぐの所にあった、わらさ。
ちなみにわらさはブリと同じ魚で、生育時期によって名前が変わるものである。ブリはわらさの他にももじゃこ、めじろ、はまち、いなだ… すべて同じ魚である。

DSC00329
カウンターにはiPadのアプリによるタッチパネルが設置してある。ここから注文することもできるし、職人さんに直接口頭で注文することも可能だ。

千葉の地魚はもちろん、豊富な寿司ネタがスタンバイ

DSC00331
DSC00332
DSC00333
DSC00334
こちらが鮨 やまと 館山店のグランドメニュー。

DSC00330
本日のおすすめ品はこちら。やはり地魚三貫が気になるところだ。

DSC00326
本日の地魚三貫セット。AとBに分かれている。

DSC00338
やまと オリジナルの湯飲みと割り箸。

DSC00337
しょうゆもやまとオリジナルだ。

DSC00340
オーダーしたのは、「地魚三貫 A」
わらさいさき黒むつである。
まさに漁場に恵まれた千葉ならではのセレクションだ。

ネタは大ぶりで、豪快な食べ口が楽しめる。

DSC00335
そして「まぐろ三貫」
上赤身中トロ大トロである。

DSC00343
さらに「サーモン」

DSC00341
そして千葉といえば「あなご」
一本まるごと、板の上で頂ける。
焼き方が絶妙で、やや焦がしてエッジをカラっとさせているところが特徴的だ。

川崎からアクアラインを渡ればすぐに千葉の木更津。
海の幸に恵まれた千葉である。
そんな千葉のローカルで展開する回転(江戸前)寿司「やまと」
新鮮な寿司を手頃な価格で楽しめる本格的な回転(江戸前)寿司である。

回転寿司やまと 1号店 館山店 (鮨 やまと)の地図