焼肉なべしま 与次郎本店

焼肉なべしま 与次郎本店

九州一円にチェーンする、鹿児島発祥の焼肉店

「夢に味がある」のキャッチコピーで知られ、九州一円に焼肉店をチェーン展開する「焼肉なべしま」
その本店は、鹿児島市にある「与次郎本店」だ。

鹿児島市の与次郎エリアは、多くの飲食店本店がひしめいている本店密集エリアだ。
焼肉なべしまも与次郎エリアに数ある本店のうちの一つであり、存在感を放っている。

天文館で創業し、歴史を紡ぐ

焼肉なべしまは、1970年、鹿児島市の天文館にて創業した。その時の店舗である1号店の「焼肉なべしま 天文館店」は現在も営業を続けている。
この焼肉なべしま 与次郎本店は1976年にオープンしたものだ。

その後、鹿児島県内を中心に店舗出店を続けた後、福岡や熊本など、九州全域に進出。
2019年5月現在、グループ店を合わせて九州・沖縄にて62店舗で展開する一大チェーン店だ。

ちなみに1号店である焼肉なべしま 天文館店は他店とは違って夜のみの営業となっており、大人が利用したくなるようなメニュー構成など、個性づけがされている。

現在の焼肉なべしま 与次郎本店は2011年に現在の場所に移転したもので、以前の場所はには看板だけが残されていた。

肉をはじめ米や白菜の産地やトレーサビリティーを表示しているボード。

とにかく広い与次郎本店

入店するとすぐの所にあるフロアは、テーブル席が中心。

フロアはいくつかに分かれており、個室のテーブル席、大広間など、かなり広いつくりになっている。
与次郎本店総席数310席と、焼肉なべしまの店舗の中では最大の店舗だという。

注文前からテーブルの上に用意されているのは、焼肉なべしまのお手ふき・箸、そして焼肉のたれ。

焼肉なべしまのグランドメニュー

メニューは、黒毛和牛のページから始まる。いつかは3~4人の盛り合わせを食べてみたい…

次のページは特選盛り合わせ。前のページの盛り合わせよりも若干お得なセットとなっているようだ。
また、なべしま三種盛り、バラエティ盛り合わせと、さらにお得なセットもある。

ここからは単品メニュー。カルビ・ロース・牛タン・ホルモンといった焼肉の基本部位がラインナップしている。
また、魚介類や野菜類もある。

焼肉なべしまには、食べ放題コースもある。コースのランクは3種類だ。

ここでは「特選なべしま黒セット」をオーダー。
黒毛和牛ロース黒毛和牛カルビがセットになった、黒毛づくしの衝撃的セットだ。

セットにはサラダバーが付いてくる。好きなサラダをチョイスしよう。

甘美な黒毛和牛にノックアウトされる

これが「特選なべしま黒セット」

もう、見るからに「良い肉」である。

これが黒毛和牛ロース
いわゆる霜降りである。
中々お目にかかれない、高級感のあるルックスだ。

そしてこちらは黒毛和牛カルビだ。
こちらも霜降りである。
さすが黒毛和牛様といったところだ。

これが上タン塩だ。

スープはワカメスープか味噌汁のどちらかを選ぶことが出来る。(プラスオプションで玉子スープなども選ぶことができるようになる)
今回はワカメスープをオーダー。

黒毛和牛カルビを網に載せると…

あっという間に焼ける!
中が少し赤いくらいのミディアムレアな状態が良い感じである。

焼肉なべしまオリジナルのタレに漬けて黒毛和牛カルビを食べる。
ああ…舌の上でとろけていく…

甘美な黒毛和牛の焼肉体験を手軽なお値段で味わえる。それが焼肉なべしまの魅力であることは間違い無いだろう。
夢にまで見た国産和牛。それを食べて美味しさを味わえる。
まさに「夢に味がある」、焼肉なべしまの本店であった。

焼肉なべしま 与次郎本店の地図