ココス ルーツ店 土浦店

ココス ルーツ店 土浦店

アメリカンスタイルの本格的レストランのルーツ店

ココス(COCO’S)はガストデニーズと並ぶ、全国的に店舗数の多いファミリーレストランである。

ココスの1号店は1980年、茨城県でオープンしたココス中貫店だ。

ココス 1号店 中貫店

ココスはアメリカのレストラン「COCO’S」のライセンシーを得て、株式会社ろびんふっどが運営をしていたものであるが、これに先立ち株式会社ろびんふっどは「ろびんふっど」というレストランを1978年に開業させており、その後このココス土浦店に転換された。

よって、この店舗は日本におけるココスのルーツ店と言える。

DSC06403

DSC06402

DSC06404

DSC06401

DSC06405

ココス 土浦店は1978年にオープンした「ろびんふっど 土浦店」から転換されたココスである。
ファミリーレストランであったろびんふっどから建物も建て直されること無く、当時の空気を伝える1970年代のセミ・クラシックな風情のあるレストランとなっている。

ココスの歴史はファミレスの歴史

DSC06406

WE’RE COOKING FOR YOUのコピーが期待を高めてくれる。

DSC06409

余裕のある広さの店内は、まさにファミリーレストランの王道といった雰囲気だ。どこか格調すら感じさせる。
まさにファミリーレストランの黄金期をイメージさせる。

ファミリーレストランは元々アメリカの郊外にあったものを日本に持ってきた文化である。
ココスはアメリカから直接ライセンシーを得たということもあり、アメリカンな雰囲気を今に色濃く残している。

1970年の大阪万博以降、日本の外食産業が大きく花開いたのは、日本人が元来持っていたアメリカへの憧れが、万博で一つ形になったことというのがあるだろう。アメリカをそのまま日本に持ってきたら成功する… こういったアメリカ輸入ブームはその後も続いた。
すかいらーくと比べると後発組のココスであるが、まだまだアメリカ直輸入のファミレスが受け入れられる土壌があったのだ。

その後、日本人に合わせるための改良を次々と加えていったという。

DSC06408

ドリンクバー。

DSC06412

お手拭きはココスのシグネチャーモデルだ。

DSC06411

カリフォルニア・タコサラダ。ココスの代表的メニューである。

激しい価格競争が続くファミリーレストランにて、ガスト、デニーズ、ジョナサンらと競い続けるココスは、すき家で牛丼シーンを攻め続ける(株)ゼンショーのグループである。CASAのココスへの転換や、価格戦略に、攻めの姿勢を強く感じることができるが、ルーツであるココス土浦店のセミ・クラシックな風情は是非今後も残して欲しいものである。

ココス 土浦店の地図