チャイナハウスすけろく 1号店 吉藤店

チャイナハウスすけろく 1号店 吉藤店

愛媛の街に、すけろくあり

愛媛を中心に展開する中華レストラン「チャイナハウスすけろく」
その1号店は、愛媛県の松山市吉藤にある「吉藤店」だ。

DSC08781
DSC08780
DSC08782
DSC08783
それほど多くない中華ファミリーレストランにおいて、チャイナハウスすけろくは愛媛にどっしりと根を張った老舗の中華レストランである。

餃子のレシピは満州国までさかのぼる

DSC08785
そのルーツは古く、創業者である高野肇氏が、1945年に満州国で餃子の製法を学び、日本に帰国してから1948年に屋台店「助六」で餃子や焼鳥を出す店を始めたことがルーツとなっている。

1950年には松山市で直接の創業店となる「助六餃子老舗」を開業、次々に支店を出すほど繁盛する。
そして1980年。ファミレスという新しい形で、松山市の吉藤に新業態「チャイナハウスすけろく」としての1号店を開業。それがこの店舗である。

2017年9月現在、愛媛県に7店舗、香川県に1店舗で運営されている、ローカルな中華レストランだ。

DSC08784
メニューは中華レストランとしてのフルラインナップであり、圧倒される。

屋台の名前を引き継いだ「すけろく」

DSC08786
なぜ中華料理なのに「すけろく」なのか? という素朴な疑問を持つ人も多そうだが、それは上記での前身の屋台「助六」の命名を継いでいるからだ。

DSC08787
DSC08788
DSC08789
レストランらしく明るい店内だ。

DSC08802
テーブルの席の他、座敷席も用意されているので、仲間や家族で落ち着いて食べたり飲んだりすることもできそうだ。

DSC08814
厨房の様子。

すけろくの長い歴史が年表にまとめられている

DSC08813
チャイナハウスすけろくの長い年表がポスターとして貼られている。
直接の創業店である1950年の「助六餃子老舗」のことも記載されている。

DSC08799
DSC08800
中華風のアートが飾られた店内。チャイナハウス気分が盛り上がる。

DSC08801
ランチタイムにはサラダバイキングもある。

充実のグランドメニュー

DSC08790
こちらがチャイナハウスすけろくのメニュー。

DSC08791
DSC08792
DSC08793
DSC08794
DSC08795
DSC08796
メニューの充実っぷりが凄い。麺類の種類も多いし、点心やコース料理まで用意されているのだ。

DSC08797
あれ?この「お母さんへ」は、どこかで見たことがある気がするな…?

DSC06749

そういえば静岡の中華レストラン「五味八珍」に、同じものがあった。
これは、何か元ネタがあるのだろうか?

DSC08809
テーブルの上の調味料類はシンプルに、餃子のたれ・コショウ・ラー油・からし。

DSC08803
箸袋はチャイナハウスすけろくのオリジナルものであり、テンションが上がる

これが伝統の餃子!

DSC08807
そして運ばれてきた「元祖すけろくの焼餃子」
これが60年以上の伝統ある「すけろく」の餃子だ!

DSC08808
誰にも嫌われないオーソドックスさがあり、それでいて肉の味をしっかり感じ取ることのできる餃子だ。餃子の王将ぎょうざの満州よりも、少しパンチがある気がする。

DSC08804
そして「麻婆豆腐」! やはり全マ連としては麻婆豆腐も気になるところでして。

DSC08806
こちらは甘みを強く感じる麻婆豆腐で、とにかく食べやすくポップな味付け。しかしながら、後からじんわりと華椒のビリビリが、少しだけ残るところが上品な味であった。

これだけのメニュー構成を持った本格的な中華レストラン「チャイナハウスすけろく」。
地元を大事にして、地元に愛されている。そんな手作りの温かみを感じることの出来る中華レストランであった。愛媛か香川に行ったら是非寄りたい店である。

チャイナハウスすけろく 1号店 吉藤店の地図