ステーキハウス88 辻本店

ステーキハウス88 辻本店

数多くのステーキ専門店のある沖縄で

沖縄にはたくさんのステーキ店がある。特に国際通りには数多くのステーキ店がひしめいている。
そんな中でも、長い歴史を刻むのがここ「ステーキハウス88」だ。

DSC06954
DSC06955
DSC06956
ステーキハウス88の本店である「辻本店」(つじほんてん)は、那覇市辻にある。波上宮の近くだ。

「A」のマークには、歴史アリ

DSC06958
入り口で出迎える「A」のマーク、これはステーキハウス88の歴史を物語るアイデンティティのようなものだ。

DSC06961
ステーキハウス88は、1955年の米軍統治化時代に「Club 88」として営業していたレストランをルーツとする。
その当時、米軍が発行した「米国人・軍属が入っても良い飲食店」という意味を持つ営業許可証が、この「A」サインだったという。
Club88は当時このAサインを受けたレストランだったのだ。

そして沖縄が返還され、1978年に「ステーキハウス88」として再スタート。
今ではステーキの専門店として運営されている。

2018年1月現在、沖縄県内でステーキ店として8店舗展開している。

DSC06959
DSC06960
ステーキハウス88 辻本店のメニューディスプレイ。いかにもボリューミーなステーキのサンプルが並び、食欲をそそる。

古き良き沖縄の空気を残す店内の雰囲気

DSC06982
ステーキハウス88 辻本店の店内の様子。オールドアメリカンを感じさせるレトロな雰囲気に満たされている。

DSC06967
 
店内にもAサインは飾られている。
もう、ステーキハウス88といえばAサインというくらいの定番さだ。

DSC06968
1970年代のCLUB88時代の店舗写真も飾られている。

DSC06969
力道山との死闘を演じ、日本では「銀髪鬼」「吸血鬼」「噛みつき魔」と言われたWWA世界ヘビー級王座 フレッド・ブラッシー氏との記念写真もある。

DSC06963
これがステーキハウス88 辻本店のメニュー。

DSC06964
テンダーロインステーキ、Tボーンステーキが推しのようだ。
ちなみに辻本店のみのディスカウント価格となっている。さすが本店である。

DSC06965
そして今は40周年キャンペーン中で、さらにお得感が増している。

DSC06983
壁にも大きなメニューが掲げられている。

DSC06971
ステーキハウス88のオリジナルお手ふき。

DSC06975
テーブルの上には数々の調味料が置かれている。

沖縄の定番ステーキソース

DSC06976
やはり沖縄の定番といえばこれだろう。
A1ソースと、No.1ステーキソースだ。
どちらもトマトの味が強めの、酸味の強い味わいが特徴のソースである。

沖縄でステーキを食べた時はこれらのソースを使うことで、一気に沖縄感を感じることが出来るはずだ。
沖縄=トマト ではないけど、これらのソースが米国統治下時代から沖縄に根付いたものとして、という意味で。

DSC06974
ドレッシング。ステーキハウス88のオリジナルドレッシングは、シークワーサー味のものだ。

DSC06972
先に運ばれてきたスープ。チャウダーのような濃さがあった。

テンダーロインステーキをがっつく

DSC06977
そして運ばれてきたのは、テンダーロインステーキの100g、ミディアムレアである。

DSC06980
柔らかく、ナイフでサクサク切れるこのテンダーロインステーキ。
ここにA1ソースをかけると、まさに沖縄で食べるステーキそのものといった味となる。

CLUB88から60年以上、そしてステーキハウス88としても40年の歴史を持つ老舗の味。沖縄に数あるステーキ店の歴史を味わいたければ、ステーキハウス88辻本店へ!

ステーキハウス88 辻本店の地図