とんかつKYK 1号店 神戸店

関西の定番とんかつ店「KYK」

関西人なら誰でも知ってるCMいうのはいくつかあるが、そのうちの一つは「とんかつKYK」
1号店は、三宮駅の地下街「さんちか」にある「神戸店」だ。

「とんかつKYK」のロゴが光る。

まさに、とんかつ専門店といった趣のメニューウインドウ。

「鹿児島産黒豚」と書かれたプレートも。

入り口には、ここが1号店であるということを示すものは何もない。
三宮の地下街に溶け込んでいるとんかつ店である。

ルーツは戦後すぐにオープンした喫茶店

IMG_0819

とんかつKYKがこの地にオープンしたのは、昭和40年。

さらには、とんかつKYKの原点となる「喫茶KYK」が、大阪の阿倍野にオープンしたのが、戦後まもなくとなる昭和21年のことである。
当時、瓦町洋裁研究所から土地を譲り受けたため、その頭文字「Kawaramachi Yousai Kenkyusho」を取って、「KYK」と名乗り始めた。

現在、KYKとは「Keep You Kindly」の略である。

歴史あるKYKの1号店でロースを食べよう

IMG_0822

神戸店の店内。元々はこの半分の広さだったが、隣接する店舗を買収し、二倍の店舗面積にしたのだという。
十分な広さのある店内だ。

IMG_0820

オリジナルおてふきと、オリジナル箸。
近年主流のプラスチック製のリサイクル箸よりも、割り箸の方が料理が断然美味しく感じる気がする。

IMG_0823

とんかつKYK1号店のロースとんかつ膳

IMG_0825

このサクサクの衣と柔らかくジューシーな豚肉が、関西で50年も愛されている理由であると、食べてすぐに分かる。

とんかつKYKにはテーブルの上に「おすすめソース」と書かれたオリジナルソースがある。
トマトのテイストを感じるフルーティな味であるが、この1号店のおすすめソースは特にトマトのピュアな味を感じ、そこからどこか神戸らしい洋食文化の片鱗を感じることができた。
まさに「神戸のとんかつ」と言った味である。

とんかつKYK 1号店 神戸店の地図