神戸屋レストラン 1号店 西宮店

神戸屋レストラン 1号店 西宮店

パンのブランド「神戸屋」をルーツとする、神戸屋グループのベーカリーレストラン「神戸屋レストラン」。
日本における本格的なベーカリーレストランの先駆けとして、1975年に西宮に誕生した。

DSC04971
DSC04972
日本における外食の歴史は、1970年の大阪万博がターニングポイントとなっている。
洋食、ファストフード… 多くの日本人が、大阪万博で初めて口にしたのだという。
名だたるチェーン店も1970年から数年の間に、雨後の竹の子の如く創業している。

DSC04973
DSC04974
まだ1970年という時代は、パンを主食にする文化は日本には無かった。

神戸屋は試行錯誤を重ね、1975年に「神戸屋キッチン」をオープンさせる。

それは、昼食や夕食にパンの美味しい食べ方を紹介したい。「私たちはお客様の身近なキッチンでありたい」ということであったという。

「おやつでは無い、主食としてのパン」を提供したい、「パン屋のつくるレストラン」を作り、全てのメニューはパンに合うものを提供したい…という高い志をもってこの地にオープンしたのが、現「神戸屋レストラン 西宮店」である。

DSC04983
パンを焼く香りと料理の匂いまで楽しめるよう、厨房がオープンキッチンになっていることが神戸屋レストランの最大の特徴。
入り口すぐのところに巨大なオーブンがあり、香ばしい香りが否が応でも食欲をそそる。

DSC04975
クラシカルな雰囲気ある店内にはサラダバーも設置されている。

DSC04977
おかわり自由の窯焼きパン、焼きたてでホクホクである。

DSC04982
もちろんパンのテイクアウトも可能だ。

多様化する外食産業において、出来たてのパンを提供するレストランでありたい… そんな想いから1975年にこの地で創業した神戸屋レストラン。40年以上たった今も、巨大なオーブンからは香ばしいパンの匂いが店内を満たしていた。

神戸屋レストランのこだわり

兵庫県カテゴリの最新記事