丸亀製麺 1号店 加古川店

丸亀製麺 1号店 加古川店

今や日本を席巻する、破竹の勢いで店舗数を増やしている讃岐うどんのチェーンといえば、丸亀製麺だ。丸亀製麺の1号店は、兵庫県の加古川市にある。

丸亀製麺なので、香川県の丸亀にあるのではないのか?と思われがちだが、1号店は兵庫県だ。
丸亀と名乗っているのはイメージのためと、トリドールの創業者・社長である粟田貴也氏の実父が隣、坂出市の出身であり、丸亀と縁が深かったということから、丸亀製麺という名前を名乗りだしたという。

DSC01081

そんな丸亀製麺の1号店は、加古川駅から徒歩15分ほどの所のロードサイドに存在する。やや古いビルの1階に入っている店舗だ。

DSC01082

その佇まいは、ライバルであるはなるまうどんと比較して後発ながらも、なぜか老舗感を感じる。

DSC01084

これが丸亀製麺1号店の厨房である。店内で製麺するのが丸亀製麺の最大の特徴である。

DSC01085

1号店のメニュー。

DSC01087

これがヌードルセッター。高速で湯切りするマシンである。

DSC01094

天ぷらコーナー。天ぷらのサクサク感にこだわる丸亀製麺では、作り置きを極力しないために、天ぷらは少なめのストックとなっている。見た目は寂しいが、味を優先させているという姿勢だと言える。

DSC01086

店内は随分広い。そしてどこか趣がある。チェーン店じゃない店のような雰囲気だ。

DSC01088

釜揚げうどんアート(?)

DSC01092

これが丸亀製麺1号店・加古川店のしょうゆうどん・玉子・鶏肉である。
丸亀製麺らしいコシの強さがあり、かつ、弾力性に富む麺であった。そして何より、天ぷらが素晴らしい。作り置きをしないということでサクサクなのは勿論であるが、油が軽く、天ぷらで胃がもたれたりしない感じだ。
この店が最初にあり、今や全国に500店舗近くあるという丸亀製麺。讃岐出身ではないから丸亀製麺は讃岐うどんではない、という讃岐うどんの原理主義のような熱烈な評論も存在するが、丸亀製麺は味に対してとても真面目に追求している印象を受ける。それが今日の展開に繋がっていることは明白だ。
既に全国的に讃岐うどんの代名詞になりつつある丸亀製麺は、本場に対してコンプレックスを抱いていたように思える。その証拠として丸亀製麺は香川県への出店が少ない。特に、丸亀市には既に別の「丸亀製麺」が存在しているということもあり、イオンモール高松店では亀坂製麺と名前を変えて出店していた(現在は丸亀製麺という名前での出店)。しかしながら、この2012年1月に香川県2店舗目となる丸亀製麺が出店し、いよいよ本場香川に逆輸入して攻勢をかけ始めた。
丸亀製麺の飛躍は、「本場」へのコンプレックスをバネにしているのだろう。いよいよ讃岐うどんの最終決戦が始まる様相である。

トップメッセージ


大きな地図で見る

本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。

兵庫県カテゴリの最新記事