トマト&オニオン 創業店

トマト&オニオン 創業店

トマト&オニオン、通称「トマオニ」

ハンバーグを中心としたファミリーレストラン「トマト&オニオン」
その1号店は、京都府の舞鶴市にある。

DSC06024
DSC06025
DSC06026
DSC06027
DSC06028

トマオニの歴史は舞鶴のカフェでスタート

トマオニの略称で呼ばれるトマト&オニオンの1号店は、そのまま「創業店」という店名で、創業時の姿のまま営業されている。

創業者の櫻木博氏は、1973年に舞鶴市にて「珈琲十番館」というカフェを創業した。

DSC06029
1979年、珈琲十番館でのノウハウを活かし、現在の舞鶴市の創業店の場所に「トマト&オニオン」を創業した。

その後順調に店舗数を増やし、ピーク時は全国に100店舗を越えるチェーン店となっていたことも。

DSC06033
後年、すかいらーくグループ傘下に入り、店舗の整理を行われ、2017年3月現在58店舗となっている。この時に創業者である櫻木博氏の手からは離れ、現在に至っている。

なお2015年になって、櫻木博氏が新たにカフェ「桜屋珈琲館」を大阪の北浜に創業。1973年に舞鶴で「珈琲十番館」を創業した時のコーヒーに対する熱い想いを再び蘇らせたというカフェである。

DSC06032
DSC06030
入り口横のウインドウには、創業時の懐かしい写真や、他店舗の写真などが飾られている。まさに創業店の趣がある。

雰囲気のある店内

DSC06034
DSC06038
店内はアーリーアメリカンな雰囲気で統一されており、ハンバーグへの気分が盛り上がる

DSC06035
DSC06036
DSC06037
トマト&オニオン 創業店のメニュー。昼時だったので、日替わりのランチメニューも用意されていた。
今回は、「イタリアンハンバーグ」をオーダー。

黒いカレーが美味すぎるのです

DSC06040
DSC06045
スープバー、ライスバー、そしてカレーバーが付いているのがトマト&オニオンの特徴である。
カレーも特徴のある黒カレーだ。

DSC06044
テーブルには塩、コショウ、シーズニングが置かれている。

肉汁がどんどん溢れ出るハンバーグが最高

DSC06042
DSC06043
トマト&オニオン 創業店の「イタリアンハンバーグ」

トマト&オニオンオリジナルのプレートに載せられた、ふわっと柔らかくて肉汁あふれ出るハンバーグの上に、トロトロのチーズと、これまた柔らかくてジューシーなトマトの組み合わせがたまらない!

トマトソースとハンバーグの相性もバッチリで、トマト&オニオン長年の伝統を感じさせてくれる。

京都北部の舞鶴市からスタートしたハンバーグレストラン、トマト&オニオン。
すかいらーくグループとなっても創業店は創業時の姿のまま、暖かい雰囲気に溢れていた。

トマト&オニオン 創業店の地図