ラーメン藤 本店

京都の老舗ラーメンチェーン店のひとつ

ラーメン文化が根強く生きる京都。
中でも老舗ラーメン店の一つに数えられる「ラーメン藤」
その本店は、京都市南区東九条にある。

「本店」の看板が頼もしい。

黒い壁に、シンプルに「ラーメン藤」のネオン。なかなかのインパクトだ。

数ある京都生まれのラーメンチェーン店の中でも老舗級となるラーメン藤は、1972年に1号店をこの地で創業した。
ラーメン藤 本店は、地下鉄烏丸線 十条駅から徒歩2分のところにある。

京都を発祥とするラーメン店で、1970年代前半に創業したチェーン店は、ラーメン横綱天下一品などだ。ラーメン藤は、それらとほぼ同じくらいの歴史を持つラーメン店である。

2020年1月現在、ラーメン藤の看板を持つ店は京都を中心とした関西と北陸に24店舗で営業されている。

なお、名古屋でチェーン展開する藤一番、ラーメン福は、こちらのラーメン藤 本店の暖簾分けからの独立店だ。

古き良きラーメン店の雰囲気を残す店内

ラーメン藤 本店の店内はカウンター席のみとなっている。
横一列に並んだカウンター席が壮観だ。

メニュー表は、ラーメン、特製ラーメン、味噌ラーメンといったラーメンから、豚めしや餃子などもラインナップしている。

今回はオーソドックスな「ラーメン」をオーダー!

ラーメンの替え玉は100円だ。

とんこつ醤油に豚バラチャーシュー、そして細麺ストレート

しばらくして運ばれてきたノーマルの「ラーメン」

山盛りにトッピングされた九条ネギ、バラ肉の薄切りチャーシュー、そしてとんこつ醤油のスープ。
これぞ京都ラーメンの王道といった出で立ちだ。

とにかく九条ネギが山盛りで嬉しい。

チャーシューもたっぷりと入っている。

とんこつ醤油のスープはビシっと塩味が効いており、あっさり風味の中にもコクを感じることのできる逸品だ。

細麺ストレートの麺。この麺は同じ京都の有名店である新福菜館第一旭とは違うものだ。

スープの出汁がとてもおいしく、最後まで飲んでいる途中にどんぶりに書かれていたこの文字…

かすれかけた「ラーメン藤 本店」の文字が、この店の長い歴史を感じさせてくれた。

京都の地で長年に渡って地元民に愛され続けるラーメン藤
シンプルで飾らない、そして変わらないその味は、これからも京都ラーメンの代表格でありつづけるだろう。

ラーメン藤 本店の地図