からふね屋珈琲 三条本店

からふね屋珈琲 三条本店

コーヒー消費量日本トップの京都にある老舗

京都は本当にカフェが多い。なんでも、一世帯あたりのコーヒー消費量は日本トップである。
京都人はカフェや喫茶店が大好きだし、当然家でもコーヒーを飲みまくるのである。

そんな京都のローカルカフェといえば「からふね屋珈琲」。その本店は、河原町三条にある「三条本店」だ。

DSC05466
DSC05469

河原町三条交差点のすぐ近くにある「からふね屋珈琲 三条本店」
しかしながら、ここはからふね屋珈琲の1号店ではなく、主にカラオケボックスを運営する「株式会社鉄人計画」が、2006年に新規にオープンさせた本店である。1号店ではなく、フラッグシップ店という位置づけだ。

紆余曲折あるからふね屋珈琲の歴史

では、からふね屋珈琲店の歴史はというと、1972年に京都の下鴨にて創業した喫茶店をルーツとし、1980年に「からふね屋珈琲」と屋号を変更することで、その歴史が始まっている。

しかし90年代に入り、時代の流れに対応する中で、セルフスタイルのカフェという新業態へと変化させていく。その店舗名は「ホリーズカフェ」という名で今でも営業を続けている。

やがて「からふね屋珈琲」の屋号は前述の株式会社鉄人計画に売却され、元のからふね屋珈琲系列は全てホリーズカフェとして営業を続けている。つまり、現在の「からふね屋珈琲」は、創業時の「からふね屋珈琲」とは別の流れだ。

そしてからふね屋珈琲はここ河原町三条に本店を新規出店などをした後の2016年、株式会社ジェイアール西日本フードサービスネットに売却された。
今後は、JR西日本の駅の中にカフェとして出店する戦略があるのだという。

変態パフェの数々

そんな紆余曲折あるからふね屋珈琲だが、何と言ってもパフェが面白い。

DSC05470

パフェ!

DSC05472

パフェ!!

DSC05473

パフェ!!!

DSC05475

パフェ!!!!!

DSC05477

パフェパフェパフェパフェパフェパフェ!!

なんと200種類ものパフェがあるという、狂気のカフェでもある。

古都・京都の雅な空気の中で、ひとときのくつろぎを上品な淹れたてのコーヒーで。
そして狂気のパフェもラインナップ。

この二面性こそが京都の本質そのものなのではないだろうか。

DSC05471

「最強エビフライ」とか、何を考えているのか。

DSC05476

とにかくからふね屋はパフェなのだ。

でもコーヒーも美味しく、落ち着けます

DSC05479

からふね屋珈琲 三条本店の「からふねパフェ」。最もベーシックなパフェである。

ベーシックとは言え、ぎっしり詰まったアイスとクリーム… 全く侮れない。

京都の歴史あるカフェ文化の中で、老舗とも言えるからふね屋珈琲。
静かにコーヒーを飲むも良し、狂ったようにパフェを食うも良し、それもまた京都である。

からふね屋珈琲 三条本店の地図