ヤムヤム 1号店 海運店

ヤムヤム 1号店 海運店

釧路、地元人に愛されるザンギ弁当

北海道風の唐揚げである「ザンギ」は、釧路発祥だと言われている。
そんな釧路にある、山盛りのザンギ弁当が人気のお弁当屋、「ヤムヤム」
その1号店は海運店だ。

DSC02222
DSC02223
DSC02224
DSC02225
北海道釧路市の釧路港、その北埠頭の近くにある「ヤムヤム 海運店」がヤムヤムの1号店である。
そのオープンは2000年初頭だ。
2018年現在、釧路市内に3店舗、帯広市内に2店舗で運営されている。

支店にはイートインスペースのある店舗もあるが、海運店はテイクアウトのみのコンパクトな店舗となっている。

DSC02235
店舗の中は、お弁当を待つためのベンチが一つ。

DSC02226
壁に貼り付けられた大型のメニュー。ここからお弁当を選ぶ。

えっ!?何このボリューム!

DSC02227
出た!
これぞヤムヤムの定番「ザンギ弁当」!!!

もう、この写真からして超絶ボリューミー。どうやってフタを閉めるのか?

ちなみに、もも肉とむね肉から選ぶことが出来る。価格は630円だ。

DSC02232
「エビフライ弁当」も、「ミックスフライ弁当」も、物凄く高さ方向にアピールされている。
ボリュームとは高さ!フタは気合いで閉めろ!

海運店は港のすぐ横にあり、この日も海の漢達がザンギ弁当を次々に購入しに来ていたのだが、荒れ狂う海の上で100%の仕事をするならば、これくらいのボリュームが求められるのだろう。想像だが。

DSC02233
「ギョーザ弁当」も、入れる餃子の数は10個!!

弁当の中に餃子が10個!!!

ハナから、フタを閉める気など無いのだ。とにかく量で攻めろ!というグルーヴが伝わってくる。

DSC02229
「メガマック」「メガ牛丼」など、いわゆる「メガ食品」がアツい!釧路ではザンギのヤムヤムだろ?という新聞記事も。

DSC02239
「STVラジオ 工藤じゅんきの十人十色 おみやげ弁当マップ 2007」が貼られていた!

DSC02238
しっかり釧路のヤムヤムも掲載! ここ海運店は「本店」という名で掲載されているので、2007年当時は「本店」だったのだろう。

DSC02237
DSC02236
持ち帰り用のメニューも用意されている。是非持ち帰ろう。

DSC02228
オードブルも取り扱っている。

DSC02240
ヤムヤムには「オゾン除菌システム」と、次世代の揚げ技術「Dr.Fry」が導入されているという。ハイテクである。

DSC02231
柔道教室にも通わなきゃ… 
と思ったところで弁当が出来上がったようだ。

メニューの写真に嘘は無い!衝撃のルックス

DSC02241
ヤムヤム 1号店 海運店の「ザンギ弁当」(もも肉)!!!

この衝撃のルックス。何かがおかしい。
フタが、全く閉まっていない…!!

しかし、このまま持ち帰るのがヤムヤム流だ。

DSC02252
ビニール袋はヤムヤム シグネチャーモデルだ。

DSC02242
DSC02243
何ていうことでしょう。完全に、開いている!

かつてキムタクは言った。
「世の中には2種類の人間がいる。開いているヤツと、閉じているヤツ」

DSC02244
割り箸もヤムヤム シグネチャーモデル

DSC02245
おかずゾーンは全てザンギに占領されている。

DSC02247
先日、沢田研二さんがコンサートに7000人しか入らず、客の少なさに不満を持ち、直前で中止したと言う。
それは、会場が少し広すぎたのが原因だ。
それが5000人くらいのホールだったら、7000人なんて人数は全員入りきれずパンパンなのである。

そんなことを考えさせられた。

DSC02248
広い家に住み大きな車を持つ。
そういう事が幸せではないんだ。要は人間、中身なのだよ。

ザンギ弁当は様々なことを教えてくれる。

DSC02249
ザンギの下には、お漬物が格納されている。

DSC02251
そしてもう一つの仕切りの方には、なんと「半分に切られたちくわの天ぷら」「ウインナー1本」が隠されている。誰が一体、何のために…!?
口休めに食べるにも、なかなか休まらない2品である。

ザンギは全部で5本あり、それぞれの大きさがとてつもないので、3本目くらいで既に満腹になったが、なんとか完食することができた。

しかしヤムヤムのザンギの味は最高で、もも肉らしい柔らかさと鶏の美味さ、全てをしっかり感じることができた。
ちくわとウインナーの味はよく覚えていない。

しかし、もうしばらくザンギは見たくない。釧路のソウルフードに、完全KOされた夜であった。

ヤムヤム 1号店 海運店の地図

北海道カテゴリの最新記事