大衆食堂 半田屋 1号店 中田店

仙台で、大盛りの飯を食べたくなったらここ

生れた時からどんぶりめしというキャッチコピーで知られ、安いけど満腹になれる大衆食堂。仙台を中心に全国で展開する「大衆食堂 半田屋」
旧ブランド「めしのはんだや」の創業から半世紀以上経過して、現在のブランドとなっている大衆食堂 半田屋の1号店は、仙台市にある「中田店」だ。

JR東北本線 / 仙台空港アクセス線の南仙台駅から徒歩10分。
国道4号線沿いにある大衆食堂 半田屋が、1号店である中田店だ。

大衆食堂 半田屋は、そのルーツを仙台駅前のじゃんじゃん横丁にて1958年に創業した「めしのはんだや」に持つ。

創業当時から安価でボリュームがあること、使っている米は仙台産のササニシキ100%であることを掲げた同店は人気となり、やがて仙台市内を中心にチェーン展開を行っていった。

このめしのはんだや1号店「駅前店」の名で営業を行っていたが、再開発のために2008年に閉店した。

大衆食堂 半田屋めしのはんだやの新形態として、より幅広い層に対応できるようなメニューの拡充や入りやすい店舗内装デザインなどを行い、1999年にこの中田店を1号店としてスタートしたブランドだ。

その後、全てのめしのはんだや大衆食堂 半田屋に転換させ、2020年1月現在では
株式会社 半田屋によって、東北を中心に25店舗で運営されている。

半田屋 中田店の店内は明るく広い。
テーブル席よりもカウンター席の方が充実している印象だ。

店内に貼られた半田屋おなじみのキャッチコピー「生れた時からどんぶりめし」のポスターに、大盛りへの挑戦心がかき立てられる。

今日も一日心豊かにお腹一ぱい食べましょう 店主

というメッセージを、しっかりと受け取る。

入り口にあるメニューサンプル。
全てのメニューが激安なのをご確認頂けるはずだ。

全てが激安の世界!食べたいおかずをセルフで取る

入店すると、このように棚に様々な食材や飲料が置かれている。
ここから食べたいものをセルフで取っていくのだ。

ごまごぼうサラダコーンサラダ海藻サラダ、全て126円だ。安い!

おかず系もたくさんラインナップされている。

厚焼き玉子が110円!

麻婆豆腐に至っては126円の衝撃価格だ。
おそらく全国で最も安い麻婆豆腐ではないだろうか。

から揚げさばの竜田揚げなどもラインナップ。

ささみチーズフライメンチカツのような揚げ物もスタンバイ。

めしをはじめとして、カレーやラーメン、蕎麦、うどんなどもある。
こちらは注文したら運ばれてくるものだ。

注目はめしの大きさ表記で、ちょい盛・ミニ・並・小・中の段階が用意されているが、この中ではミニが普通の定食屋では少し大盛りくらいの大きさだ。
つまり全体的に量の感覚が大盛り寄りとなっているので、「たくさん食べるからな~」と調子に乗ってのサイズをオーダーすると、とんでもない量のご飯が盛られるので注意が必要である。
のサイズが無いのはそれを受け止めるだけの器、そして完食できる人間がいないのかもしれない。

お手拭き、割り箸袋、スプーン袋は半田屋のシグネチャーモデルだ。

レンジでチンしてフィニッシュ!

お会計を済ませたおかず一式。
セルフの単品おかずは作り置きなので、ラップがかけられている。

これを、電子レンジでチンすると…
温かくなって美味しくなるのだ。

そんな冗談はともかく、おかずもご飯もとてもクオリティが高い。
ご飯はさすがササニシキ100%といった味わいで、ついついたくさん食べてしまいそうになる。

調味料やドレッシングなども用意されているので、好きな味にカスタマイズしよう。

半田屋の麻婆豆腐
まさか126円だとは思えないクオリティに悶絶する。

こちらは厚焼き玉子
すばらしいフカフカ具合だ。

ガッツリと具材が入った豚汁も嬉しい。

リーズナブルな価格でお腹いっぱいになれる店、半田屋
仙台に生まれた半世紀前から現在に至るまで、多くの人を手頃な価格で満腹にしてきた。

仙台に寄ったとき、ついつい立ち寄りたくなってしまう。
半田屋は、そんな普遍的な魅力を放っている。

大衆食堂 半田屋 1号店 中田店の地図