551蓬莱 戎橋本店

「551がある時!ない時!」のCMをご存じ?

東の崎陽軒、西の551…と誰が言ったか言わぬか、関西を代表する「豚まん」と言えば、「551蓬莱」
関西人であれば誰もが知ってる「551がある時!ない時!」のCMでおなじみだろう。

その本店は、大阪・難波にある。

心斎橋から難波に通じる戎橋商店街の中に、ひときわ目立つこの店舗こそ、551蓬莱の本店だ。

1階ではテイクアウトとして豚まんなどの点心が販売されている。

テイクアウト用のショーケース。
定番の豚まんから焼売、焼餃子までラインナップしている。

551がある時!は1個単位でオーダーできる豚まんが叶えてくれる

これが名物の豚まん。1個単位でオーダーできる。

豚まんはカウンター裏の厨房で作られている。

1個でオーダーした豚まんは、1個入りの小さな箱で手渡される。

出来たてアツアツの豚まん。
お店の横のベンチに座って、すぐに食べることも可能だ。

ちまきなんかもある。

551のもう一つの定番商品、アイスキャンデー

これが551蓬莱のアイスキャンデーのテイクアウトコーナー。

様々な種類のアイスキャンデーがラインナップしている。

DSC04947

最もベーシックな味「ミルク」を購入してみた。
結構硬いので詰め物をしてる人は注意だ。

551蓬莱はテイクアウト店が中心だが、創業の地である551蓬莱 戎橋本店では、2階と3階はレストランになっている。

2階と3階は本格的なレストラン

551蓬莱の本店2階はレストランとなっている。

DSC04934

広東料理 551蓬莱 と銘打たれたディスプレイ。
代表的な広東料理が並ぶ。もちろん、豚まんもある。

DSC04940

階段を上り、レストラン入り口には七福神の布袋尊が。縁起が良さそうである。

DSC04935

台北駐大阪経済文化弁事処から、創業70年のお祝いの品もディスプレイされている。

ジューシーな豚まんが存分に楽しめる空間

DSC04936

これが551蓬莱のシュウマイと麻婆豆腐。

551蓬莱の豚まんと共通する、柔らかくてジューシー、そしてボリューム感のある肉が特徴だ。
シュウマイといえば横浜の崎陽軒のシウマイも有名だが、ソリッドでハードな崎陽軒とはまた対極にあると言える。

関西を代表する「豚まん」のお店となった551蓬莱だが、そのルーツは面白いことに、隣接する「蓬莱本館」にある。

ルーツでありながら、別のお店である「蓬莱本館」

DSC04944

DSC04942

こちら「蓬莱本館」には、「創業1945年 蓬莱発祥の店」とある。

1945年に難波新地4番丁に「蓬莱」として創業した後、創業者の3人は1964年にそれぞれの道を歩むことになる。それが「株式会社 蓬莱」(551蓬莱)、「蓬莱本館」「蓬莱別館」だ。

「551」とは、当時の電話番号の数字でもあり、そして「ココがイチばん!」という語呂合わせでもあるのだという。

隣接する「蓬莱本館」はルーツである「蓬莱」創業の地として、今も営業を続けている。
ネットでの通信販売でも人気がある。

こちらでも1階は豚まんのテイクアウト、2階はレストランとなっている。

DSC04943

DSC04945

これが「蓬莱本館」の小籠包。

豚まんも551蓬莱とは別物なので、食べ比べも楽しいだろう。

551蓬莱 戎橋本店の地図