そば太鼓亭 1号店 高槻城東店

高槻生まれのセルフ蕎麦!

丸亀製麺やはなまるうどんのような讃岐うどんには、セルフうどんというスタイルがある。
カウンターに並んで注文して、天ぷら類は自分で皿に取るというものだ。

そば太鼓亭はセルフうどんのようなスタイルで楽しむ、セルフそばスタイルのそばチェーン店だ。
そば太鼓亭の1号店は大阪府高槻市にある高槻城東店である。

阪急高槻市駅から国道170号をしばらく南に歩いて行くと、道路沿いに見えるそば太鼓亭。
ここが1号店だ。

「生蕎麦セルフ」とあるように、セルフスタイルの蕎麦チェーンだ。

様々なそばがラインナップ。

大きく「肉もりそば」とあるように、ここは肉もりそば推しのようだ。

一体、どんなお店だろうか?

うどんのようにそばをオーダーする

そば太鼓亭は、株式会社太鼓亭によって2013年にこの地でオープンしたそばのチェーン店だ。
株式会社太鼓亭といえば、関西を中心に「太鼓亭」「金比羅製麺」を展開しており、ここは当初、2007年にオープンした金比羅製麺の1号店でもあった。
金比羅製麺からリフォームを経て、当時の新業態であったそば太鼓亭になったのが2013年ということになる。

2020年9月現在、そば太鼓亭は大阪と兵庫を中心に9店舗で運営されている。

入店すると、すぐに厨房が目に入る。
手際よくそばが作られていて、見ていて飽きない。

そばを茹でているセクション。

そば太鼓亭のグランドメニュー。ここから食べたいものをオーダーする。

今回はそば太鼓亭の推しの一品「肉もりそば」をオーダー!

肉もりそばのトッピングを載せている様子。
このように、目の前で調理してくれる。

串つきこんにゃくなどのおでん系のものも販売されている。

セルフうどん店と同様に、天ぷらもセルフだ。

わさび、白ごま、生姜、そば湯用とっくりなどが置かれている。

とっくりに入れるそば湯はこのサーバーを使って注ぐ。

テイクアウト用の生うどんなども販売されている。

カウンターの上にはそば太鼓亭の看板が目に入る。
そしてキャッチコピーは「本格蕎麦を日常に」だ。

こちらの写真は太鼓亭の過去の店舗の写真だろうか。
右上にある「与作うどん」の店舗が気になるところだ。

肉を盛ること、それは快楽を盛ること!

これが今回のオーダーの「肉もりそば」

並サイズだがボリューミーに見える。

その名の通り、そばの上に牛肉がトッピングされている!

その上にはたっぷりのネギ、そして青のりで、山のような形になっている。

こちらはめんつゆ。

特徴は、めんつゆに少しラー油を垂らしてくれるところ。
これにより、ピリ辛味になっている。

そしてデフォルトで生卵も付いてくる。
この生卵をどのタイミングでめんつゆに割って味変させるか?が、個性が出そうな部分だ。

そばは風味豊かで、さすがそば専門店という品質だ。
肉もりうどんはそばの風味を活かしたまま肉と共に楽しめる。

卵で味変させた様子がこちら。
生卵のマイルドさとラー油のピリ辛さ、そこに牛肉の味が良い具合に絡んでくる。

これはたまらない!

この味付けを考えた人はすごい。
確かに牛肉、そしてそばの組み合わせでないと、成立しないのだ。

こんにゃくはこのように味噌をのせて食べる。
ちょっとしたおかずにぴったりだ。

それにしても推しの「肉もりそば」。
推されるだけの理由がはっきりと分かった。

あまり他で食べたことのないタイプの味で、まさにそば太鼓亭のオリジナリティ。

関西のそばシーンは個性豊かな店が多いな、と感じさせられた本店巡礼であった。

そば太鼓亭 1号店 高槻城東店の地図