長命うどん 本店

長命うどん 本店

うどん、そば、ラーメン、全てを食べたくなったなら

もしも貴方が、うどんとそば、どちらを食べたいか迷ったらどうするだろうか。
さらに、ラーメンも食べたいなんて思ったら、三つ巴である。
しかし、その願望を叶えてくれる秘密のワード、「うそ中」

「長命うどん」の本店は、愛知県・名古屋市にある。

DSC05735
DSC05736

100年以上の歴史を紡ぐ老舗

長命うどんは、名古屋発祥のうどん・そばチェーン店である。
現在、愛知県・岐阜県に15店舗を展開している。

その創業は1913年。なんと100年以上の歴史のあるうどん・そば店である。

長命という名前は、当時、名古屋の運河にかかる橋「納屋橋」の開通の式典として「橋渡り式」というものがあり、その橋を渡るのは縁起の良い夫婦といことで、そこに選ばれたのが長命うどん創業者の夫婦だったという。その時に、名古屋市長から「長命」の名をもらったことで、「長命うどん」という名前になったのだとか。

DSC05737m
長命うどん 本店の中はカウンター席とテーブル席になっている。

DSC05743m
厨房の様子。

DSC05742
生麺の持ち帰り用に、食べ方の指南が書かれている。

言葉のミックスで宇宙を生み出そう

DSC05745
壁に掲げられたメニュー。「うどん」「きしめん」「日本そば」「中華そば」「そうめん」まであるのが圧巻である。

ちなみに、「ころ」は冷たいつゆで食べるスタイルで、「湯つき」は湯に入った麺をつけ汁で食べるスタイルである。

メニューはもちろん単品でオーダーすることが出来るが、ここの特徴としてはミックスすることができる点。

「う中」と頼むと「うどん、中華そば」のミックス。「うそ」と頼むと「うどん、そばのミックス」といった具合だ。

小さめの「う中」だと「小う中」となる。初めて聞く人はギョッとする。

では、「うそ中」をオーダーしてみよう。

DSC05740
テーブルメニュー。

DSC05741
運ばれてくるまで、物語を読んで気分を盛り上げよう。

衝撃のルックス「うそ中」

16836210_10212138381952554_6492382176880277051_o
来た! これが「うそ中」である。

う「うどん」
そ「そば」
中「中華そば」

のミックスで、「うそ中」だ。

普通にオーダーすると、このように1+1+1で3玉分となり、とてつもないボリュームとなる。

DSC05747
そばパート。

DSC05748
中華そばパート。

DSC05749
うどんパート。

一度に3つの麺を同時に食べることができるのは、日本広しと言えど長命うどんくらいだろう。
鰹系の出汁がビシっと締まっていて、どの麺とも合うのがまた面白い。
そして麺そのものがどれも美味しい。

名古屋100年の歴史は半端ないのであった。

長命うどん 本店の地図