元祖ニュータンタンメン本舗 イソゲン 本店 京町店

元祖ニュータンタンメン本舗 イソゲン 本店 京町店

川崎のソウルフード

神奈川県の川崎市と横浜市を中心に展開する、タンタンメンを中心にしたチェーン店「元祖ニュータンタンメン本舗」
その本店である京町店は、川崎市川崎区京町にある。

DSC06639
DSC06642
DSC06640

元祖ニュータンタンメン本舗の長い歴史

元祖ニュータンタンメン本舗は、1963年にここ京町店を1号店として創業した。

創業者は五十嵐源吉氏。創業者の名前にちなんで、イソゲン(五十源)とも呼ばれている。

タンタンメンは全国に様々なスタイルのものがあるが、溶き卵を流し、胡麻を使わないユニークなスタイルは、創業者の五十嵐源吉氏の試行錯誤により生まれた物だ。

2017年5月現在、神奈川県を中心に34店舗展開している。
遠く長野県の上田や仙台にも店舗があるところがユニークだ。

DSC06641
ここ京町店は2009年8月に建物が建て替わり、リニューアルオープンしている。

リニューアル前はこのような建物だった。
IMG_0758
IMG_0760
IMG_0759
IMG_0761
大きく書かれた「中華 焼肉」。その名の通り、中華料理と焼肉のハイブリッドである。川崎南部に多いスタイルだ。

もちろんリニューアルした今も、中華料理と焼肉のハイブリッドスタイルは踏襲されている。
これは京町店と他何店舗かのみの地域的な特徴で、元祖ニュータンタンメン本舗の特徴というわけではない。(ほとんどの店舗は中華のみである)

まさにレストランといった雰囲気の明るい店内

DSC06643
元祖ニュータンタンメン本舗 京町店の店内。明るく綺麗な雰囲気だ。

DSC06644
厨房の様子。

DSC06650
DSC06651
元祖ニュータンタンメン本舗 京町店のメニュー。代表メニューであるタンタンメンはもちろん、様々な麺類がラインナップされている。また、辛さやトッピングも選ぶことが出来る。

DSC06652
ご飯物や一品料理など、幅広いラインナップを揃えているのが本店である京町店の特徴だ。

DSC06653
そして上述した通り、焼肉メニューもラインナップ。こちらは、鉄板付きのテーブルで焼いて食べる。

真っ赤なタンタンメン!

DSC06645
運ばれてきたのは、「タンタンメン」

トウガラシで真っ赤になったスープのビジュアルと、巨大なレンゲに圧倒される。

DSC06647
実は、見た目ほど辛くないのが特徴だ。こう見えて、味仙の台湾ラーメンの方が断然辛いのである。

DSC06648
スープの出汁は牛骨だ。
コクのあるスープと、ニンニク、溶き卵。このバランスが絶妙である。
それにしてもレンゲが大きい。

DSC06649
麺は太麺。ガッツいて食べる、という表現が合う。

DSC06654
タンタンメンのもう一つの特徴は、スープの底に沈んだ大量のニンニク達
何個分くらい入っているだろう? とにかくニンニクだらけのスープだ。

このスープのコク、唐辛子、溶き卵、ニンニク。これらが絶妙なバランスの元渾然一体となって、元祖ニュータンタンメン本舗のタンタンメンを形成している。

川崎の地に生まれて50年以上。高度経済成長を支えた京浜工業地帯の真ん中で、労働者達の力強いスタミナ源として長年愛されてきた元祖ニュータンタンメン本舗。
ボリュームのある麺と、ゴロゴロ転がるニンニクでスタミナを付け、パンチのある唐辛子で汗を流す。そして時には焼肉を焼き、ビールと一緒に流し込む。

まさに川崎を代表するソウルフードだ。

元祖ニュータンタンメン本舗 イソゲン 本店 京町店の地図

神奈川県カテゴリの最新記事