とんかつ かつや 1号店 相模大野店

まさにとんかつのファストフード形態

とんかつを牛丼屋のスタイルで食べるという、とんかつのファストフード化を推し進めて近年店舗数を増やしたチェーン店といえば「かつや」
かつやの1号店は、神奈川県の相模大野駅近くにある「相模大野店」である。

2020年に移転リニューアルオープンし、現在の店舗となった。
旧店舗から350メートルほど移動した形だ。

大きく目立つ「かつや」の文字!

カツ丼 490円
オープン以来、その安さが魅力である。

ちなみに、旧店舗はこちら

DSC06446

DSC06445

DSC06451

サッと入って、サクっととんかつをオーダーする

かつやは、「とんかつ界の?野家」を目指す意気込みで、新潟を中心に展開するホームセンター「ホームセンタームサシ」を運営するアークランドサカモトの子会社、アークランドサービスホールディングスのグループである株式会社かつやによって運営されている。
これまでホームセンターを運営していた会社からの、別事業への挑戦が「かつや」だ。

1998年に相模大野に1号店がオープンし、その後はとんかつ専門のチェーン店として全国展開。
2020年末には479店(国内420・海外59)もの店舗数に成長した。

店内は広く、明るい雰囲気だ。

店内カウンターの瓦屋根と、その上の「かつや」看板は1号店からの伝統だ。

旧相模大野店の看板:

DSC06450

シンプルなメニュー構成、これぞ専門店

かつやのグランドメニュー。
この時の推しは塩カツ丼だ。

メニューはシンプルそのもの。
さすが専門店といったラインナップだ。

丼もののページ。ソースカツ丼なんかもある。

とんかつ屋さんが作るカツカレー。
やはりカツの存在感が半端無い。

今回は「ロース・メンチカツ定食」をオーダー!
ロースカツとメンチカツ、カツ界の二大巨頭を両方楽しめる欲張りプランだ。

とんかつソース、ドレッシング、辛子などが用意されたテーブル。

壺には割干大根漬が入っている。
これがかつやのとんかつにベストマッチだ。

辛子は「かつや」シグネチャーモデルだ。

ロースカツとメンチカツをサクサクの衣で頂く!

そして運ばれてきた「ロース・メンチカツ定食」

その名のとおり、ロースカツメンチカツが所狭しと鎮座する逸品だ。

このザクザクとした感じの衣が、写真なんて撮ってないでアツアツのうちに早く食えと、私に訴えかけるようだ。

お前はロースから食うのか、それともメンチから食うのか?
究極の二択だ。

もしくは、キャベツから食うのもアリだろう。

ちなみに、おかわりし放題ではない。

低価格帯のとんかつとは思えないほど肉厚で、サクサクで立った衣。
とんかつの醍醐味を存分に味わうことができる。

ロースカツでもそれほど脂っぽくはないので、食後に胃が重くなることもないだろう。

定食なので、お味噌汁も付いてくる。
ややあっさり目の味付けが、揚げ物の後には優しい。

入口ではテイクアウトもある。

リアルなサンプルが並ぶ様子は「からやま」同様、アークランドっぽさだ。

割干大根漬とかつやオリジナルのとんかつソースも販売されている。
とんかつソースは甘めの味付けだ。

低価格なとんかつのファストカジュアルとして全国に展開する「かつや」
リニューアルした1号店は広々と開放的で、とんかつの味を落ち着いて楽しむことのできる空間だ。

とんかつ かつや 1号店 相模大野店の地図

最新情報をチェックしよう!