【閉店】札幌ラーメン どさん子 北海道総本店

かつて一世を風靡した「どさん子」の総本店

「どさん子」という老舗のラーメンチェーンがある。
その総本店である「北海道総本店」は、北海道恵庭市にある。
※2020年、閉店しました。

DSC07495

DSC07497

DSC07498

DSC07499

DSC07496

「どさん子」は、正式名を「札幌ラーメン どさん子」と言う。

最盛期には全国で1000店を誇ったどさん子の歴史

その歴史は古く、1961年に創業者の青池保氏が東京の墨田区で始めた餃子店をルーツとする。

「札幌ラーメン どさん子」として開業したのは1967年のこと。
翌年には青池氏を代表として北国商事株式会社を設立。(後年、株式会社ホッコクに社名変更)

東京を発祥とする札幌ラーメン どさん子は大人気店となり、1971年には500店、1977年には1000店といった恐るべしスピードで店舗数を増やし、最大で1200店まで展開していた。

DSC07500

「どさん子」「どさん娘」「どさん子娘」…

1960年代末のどさん子黄金時代には、無関係の会社であるサトー商事の「どさん娘」や、北宝商事による「どさん子大将」といった類似する店名のラーメン店も出現。それらも全て大人気となり、ピーク時では「どさん娘」が全国に800店「どさん子大将」が全国に700店もあるという、何とも猛烈に景気の良いどさん子時代があったのだ。

1971年には「どさん子」が原告となり「どさん娘」との裁判に発展。
後発の「どさん娘」は敗訴し、読み方を「どさんむすめ」とすることで落ち着いた、ということもあった。

2017年6月現在、往時より店舗数を大幅に減らし、「札幌ラーメン どさん子」は139店舗となっている。

諸事情で運営会社が上場廃止になるなど、ここ数年は苦渋を味わってきたどさん子だが、2014年、博多の「一風堂」の支援により、どさん子リブランドプロジェクトが発足
新しい「どさん子」は銀座を1号店として、全く新しい味のどさん子を作りあげるなど、新たな動きが始まっている。

ここ「北海道総本店」は、そんな古いどさん子の店舗のうちの一つだ。一時期は、「ラーメン活力一番」という名前で営業をし、2009年に改めて「どさん子」になったタイミングで、「北海道総本店」と名乗るようになった店舗である。店舗名が変わっても、厨房で腕を振るう大将は何十年もここにいるのだという。

レトロでシンプルな店内

DSC07518

札幌ラーメン どさん子 北海道総本店の店内の様子。
昔ながらのレトロな雰囲気がある。

DSC07507

カウンターの上には木札のメニューが。

DSC07506

お得なセットメニューもある。

DSC07510

DSC07513

厨房の様子がよく見えるのが楽しい。
湯切りのテボが平たい形で、サッサッと湯切りをするスタイルだ。

これは絶品!味噌らーめん

DSC07501

DSC07502

札幌ラーメン どさん子 北海道総本店のメニュー。ここでは永遠の定番「味噌らーめん」をオーダー。500円台とはとても安い!

DSC07503

テーブルの上の調味料など。

DSC07514

そして運ばれてきた「味噌らーめん」

DSC07515

赤みがかったスープに、ほどよい大きさのチャーシュー、大きめの海苔が印象的だ。

DSC07516

まろやかだけどほどよくスパイスが効いている味噌のスープは、くせになるような深い味である。

DSC07517

麺もスープと絡み、食べやすい。

七味やニンニクを少しずつ足して、味の変化を楽しみながら完食した。

「札幌ラーメン どさん子」なのに東京発祥で、しかも北海道には今や5店舗しか存在しない中で、この店舗が「北海道総本店」を名乗るのは「どさん子」であるためのイメージ戦略だと思われるが、何よりも大将が作るラーメンの味の良さが圧倒的で、古き良き北海道の味噌ラーメンの伝統を今に伝えていた。

札幌ラーメン どさん子 北海道総本店の地図

最新情報をチェックしよう!