スガキヤ 最古店 イオン上飯田店

スガキヤ 最古店 イオン上飯田店

名古屋のソウルフード代表格

愛知県を中心に東海地方と近畿地方にて展開する低価格なラーメンと甘味のチェーン店「スガキヤ」
2018年5月現在、現存する最古店は1973年オープンの「イオン上飯田店」である。

DSC08060
DSC08061
こちらが「イオン上飯田店」。元は「ダイエー上飯田店」である。
愛知県名古屋市北区にある。

DSC08073
DSC08062m
ここの1階にあるフードコートに、スガキヤ上飯田店が入居している。
元々はダイエーということで、当初はスガキヤダイエー上飯田店であった。

DSC08064
DSC08065

スガキヤのルーツはスイーツから始まった

スガキヤの歴史は長い。
そのルーツは、創業者である菅木清一氏が、弟である菅木周一氏と義兄である森本弘次氏と共に、1946年に名古屋の栄で創業した甘味の店「甘党の店」をルーツとする。
1948年にはラーメンも提供するようになり、店名を創業者の「菅木」から取って「寿がきや」に改めた。

1958年には株式会社化し、現在の運営会社であるスガキコシステムズ株式会社が誕生。また同年には、現在でもマスコットキャラクターとなっている「スーちゃん」も登場した。

そして1969年にはチェーン展開の1店舗目として、ショッピングセンターであるユニー大曽根店内に1号店をオープン。
東海地区・近畿地区・北陸地区を中心に店舗数を増やし、2016年3月末では361店舗を数えるまでとなった。

1号店があったユニー大曽根の閉店に伴い、2010年にて1号店は閉店。
2018年現在、最古のスガキヤは1973年オープンのここ「イオン上飯田店」とのことだ。(ただし、現在は創業時のフロアにあるわけではない)

ちなみに、ユニー(ピアゴ)大曽根店の跡地に出来たパチンコ店「大曽根キャッスル」内には、新たに少し本格志向の店舗として「らーめん寿がきや 大曽根キャッスル店」がオープンしている。こちらは1号店の創業の地だという想いがあるのだろう。

学生のお小遣いでも余裕で買える低価格が嬉しい

DSC08066
スガキヤのメニュー。どれも低価格だ。

DSC08069
平日限定セット、土日祝限定セットもある。こちらもお得である。

DSC08070
トッピング無しの単品ラーメンだと、320円である。
今回はこれをオーダー。

ソフトクリームが安いのは正義

DSC08068
DSC08074
ソフトクリームなどの甘味が充実しているのもスガキヤの特徴だ。特にソフトクリームはミニサイズで100円レギュラーサイズでも150円と、低価格を維持している。
これほど低価格なソフトクリームは、IKEAのソフトクリームかスガキヤのか、というところだろう。

DSC08072
オーダーすると、リモコンブサーが渡される。
スガキヤのラーメンが完成した時、このブザーからけたたましい音が鳴る、のだ。

DSC08071
「ラーメンこしょう」も十分に準備されている。スガキヤのスープには、こしょうが抜群にマッチする。

これぞスガキヤのラーメン!

DSC08075
そしてこれがスガキヤ最古店 イオン上飯田店の「ラーメン」だ。
この地で40年以上の歴史を誇る、どこからどう見ても正真正銘のスガキヤのラーメンである。

DSC08076
「Sugakiya」の赤いロゴとチェッカーマーク。これを見るだけでこのラーメンやソフトクリームを連想する人も多いだろう。

ニューヨーク近代美術館MoMAにも展示されたスガキヤ名物「ラーメンスプーン」

DSC08077
そしてなんと言ってもこの「ラーメンスプーン」がスガキヤの特徴だ。
スプーンとフォークの機能を合体させた、画期的なスプーンである。

DSC08079
スープを飲むときはこのように、スプーンとして。

DSC08078
ラーメンを食べるときはこのように、フォークとして。

箸に持ち替えなくてもすぐにスープが飲める。箸を扱えない子供でもパスタの要領で容易にラーメンを口に運ぶことが出来る。
この機能美に溢れたラーメンスプーンは世界で認められ、ニューヨーク近代美術館MoMAに展示されているのだという。

ちなみにスガキヤのラーメンのスープは「和風とんこつ味」だ。とんこつをベースに、魚介系の出汁をミックスしているのだとか。
全体的にあっさりのスープであるが、とんこつ風味よりもカツオ出汁の風味が強めで、これが癖になる味なのだ。
この味は創業時から変わっていないという。

ラーメンと甘味のチェーン店として名古屋に創業してから50年近くのスガキヤ。今でも多くの人の愛される様は、名実共に「名古屋のソウルフード」である。

スガキヤ 最古店 イオン上飯田店の地図