びっくり亭 本家 (本店)

びっくり亭 本家 (本店)

博多のソウルフード、鉄板焼肉

博多のソウルフードとも言われる、鉄板焼肉。
そんな鉄板焼肉を提供する老舗「びっくり亭」の本店である「本家」は、福岡市博多区にある。

JR鹿児島本線 南福岡駅から徒歩1分。
大きく赤い「びっくり亭」の看板が目印だ。

ここが1963年創業の「びっくり亭 本家」である。

創業から半世紀以上経過したびっくり亭は2019年4月現在、福岡県に6店舗、宮崎県に1店舗にて運営されている。

親、子、またその子くらいまで、ずっと愛され続けている博多の定番フードだ。

類似した店名を持つ店舗もあるようで、入口には類似店舗ご注意という張り紙まで貼られていた。

歴史を感じさせるレトロな店内

びっくり亭 本家の店内は、長い歴史を感じさせるレトロな雰囲気に満ちている。
どこか昭和の居酒屋に来たような感じすら漂っている。

多くのサイン色紙が飾られている。

年季の入った詩文もある。

キリン 一番搾りとびっくり亭のコラボポスター。
びっくり亭の焼肉のビールとの相性の良さを伺わせる。

シンプルなメニューにびっくり

木札メニュー。いたってシンプルな構成となっている。
基本的に、飲み物、ご飯、焼肉しか無い。

焼肉はサイズがいくつかある。

一人前
一人半前

トリプル

トリプルがどれほどの量か、その値段から推して知るべし…

卓上のメニューもある。
餃子は冷凍のお持ち帰り専用というのが面白い。

裏面には、焼肉の独特の食べ方が指南されている。

テーブルの上には、辛味噌が入った壺が置かれている。
ものすごい量だ。

そして、ジェンガにでも使うのか?という気にさせる木の棒が4本置かれている。
これ後々重要アイテムだと分かる。

この食べ方こそ、ソウルフードたる所以

しばらくして、運ばれてきたご飯みそ汁
黄色く大きなたくあんが印象的だ。

運ばれてきた「焼肉」1人前!
既に結構なボリューム感である。

先ほどの木の棒をプレートの片方だけに1本置き、プレートを傾ける

辛味噌をすくって…

木の棒で傾かせた下部に溜まってきた油と、辛味噌をブレンドさせる。

ラー油のような何かが完成!

このラー油のような何かと、ガーリックがバキバキに効いた焼肉とを絡ませて食べると…

こりゃ凄い。無限に食べてしまいそうになる。
焼肉、ごはん、キャベツ、焼肉、ごはん…の無限ループの完成だ。
そして時折かじるたくあんが、絶好のアクセントとなる。

超シンプルでいて、どこまでも食べたくなる。
博多のソウルフードである鉄板焼肉。そのルーツ店である「びっくり亭 本家」は、たくさんのお客さんが訪れていた。

びっくり亭 本家の地図

福岡県カテゴリの最新記事