【閉店】ロイヤルホスト 1号店 青山店 

【閉店】ロイヤルホスト 1号店 青山店 

今日はちょっと美味しい物を食べようか。家族でちょっとリッチな気分を味わおうか。
ではどこにいく? でも、「ちょっとリッチ」でいい。そんな時は、「ロイヤルホスト」だろう。

ロイヤルホスト。通称「ロイホ」の第1号店は、福岡は北九州にある「青山店」だ。

ローカルな筑豊電鉄の萩原駅を降りて徒歩10分くらいだろうか。団地の間を抜けると、ボーリング場の隣にそのロイヤルホストはある。まさか、ここが1号店だとは想像できない。1号店らしき物は何もない。

ロイヤルホストは、江頭匡一氏が1951年に創業したキルロイ特殊貿易株式会社がオープンさせたフランス料理店「ロイヤル中州本店」がそのルーツとなる。
1971年になって、フランチャイズ1号店として北九州に「ロイヤルホスト」をオープン。それがこの青山店だ。

中に入ったところ。ちょっと薄暗く、広い。屋根の真ん中が吹き抜けになっていて、そこから太陽の光が差している。70年代のラウンジを思わせるレトロなインテリアは、当時の雰囲気をそのまま残している。
リング状のシャンデリアが洒落ている。

ここからは中が見えないが、キッチンの様子。コックコート姿でせわしなく動くシェフの姿を見ると、料理への期待も俄然高まる。

テーブルには何と焼肉用のグリルがある。他のロイヤルホストの店舗ではあまりお目にかかれないのでは無いだろうか。あまりロイヤルホストで焼肉を食べるというイメージが沸かない。一度ロイヤルホストで焼肉を食べてみたい。ちなみに食べ放題となっているようだ。

オーダーしたのは「ポークとたまごのやわらか煮込みランチ」。その名の通り、かなり煮込んでとろけるようなポークに、半熟の卵が付いてくる。カロリーは高めであるが、気にしてはならない。ロイヤルホスト、ちょっとリッチな気分を味わい時には最高のスポットだ。
毎回、1号店に行ったら会計時に店員さんに「ここは1号店ですか?」と確かめているが、このロイヤルホストももちろん「はい、そうですよ」とお返事を頂いた。北九州にあるしゃれた洋食レストラン、ロイヤルホスト。なかなか行く機会は持てないけれど、1号店はこんな場所でした。


大きな地図で見る

福岡県カテゴリの最新記事