とんかつ 新宿さぼてん 1号店 新宿エース南館店

とんかつ 新宿さぼてん 1号店 新宿エース南館店

関東を中心に青森から熊本まで2013年現在、全国に70店舗あるレストランと、お持ち帰りのとんかつ弁当などで全国に300店舗以上あるデリカのスタイルで、知名度の高いとんかつチェーン店「新宿さぼてん」
その1号店は、本当に新宿にある「新宿エース南館店」だ。

DSC06333
DSC06334
DSC06344

新宿副都心のビル街の地下街である「小田急エース」に、さぼてんの1号店はある。

ここは1966年にオープンしてから、ずっとこの場所で営業を続けている由緒正しい1号店だ。
なぜ1966年にこの場所にオープンしたかというと、当時は新宿西口の超高層ビル建設ラッシュで、ここにサラリーマン達が爆発的に増えるだろうという見込みがあったためらしい。
事実、2013年の今でも、この場所はサラリーマン達で溢れかえる場所である。まさに一等地だ。

DSC06343

とんかつ新宿さぼてんのは、こういったとんかつ弁当の販売という形でのみ、知っている人も多いだろう。事実、このデリカスタイルの方が店舗数が多く、駅中やフードコート、スーパーの中などで、小さなスペースでとんかつ弁当が販売されている。とんかつにおける中食(なかしょく)としてもさぼてんの知名度は高いのだが、ここはレストランの1号店である。

店内に入ってみよう。

DSC06335

店内はやはり狭い。奥行き、幅、ともに余裕があるとは言えない。地下街にあるレストランは全般的に狭いが、ここもそうである。ひょっとしたら開店時はもっと狭かったのかも知れない。

ただし非常に内装に気を遣っており、間接照明や和風タッチの素材の多用など、人通りの多い地下街において、落ち着ける空間作りがされている。当然開店当時の物とは全く違うだろうが、常に時代を感じるモダンな精神こそが、新陳代謝を促し、長い間の定番となり得ているのだろう。

DSC06337

入り口脇にあるこのオブジェが気になる。あまり目立たない様に設置されているが処分する気も無さそうだ。
「生命の樹」というものだそうで、サボテンの生息地であるメキシコの伝統的な様式に則ったオブジェのようである。

DSC06338

ゴマをお客さん自ら摺るのもさぼてんの特徴である。

DSC06340

さぼてん1号店 健美豚 ロースかつ御膳。肉厚であるが脂身とのバランスは絶妙で、さらに衣がしゃきしゃきと立っている。少し油は重いが、肉のうまみは抜群だ。
塩で食べるのが好きだが、甘めでフルーティなさぼてんのとんかつソースを使うのも悪くない。

とんかつ新宿さぼてんの1号店は、他店と差別化をしているのだという。他店にあるメニューのうち、一部のメニューを提供しない。また、値段も違っており、ランチメニューも提供しない。
つまり、よりストイックで硬派にとんかつを愛する客のための店だと言える。

日本で最も有名なとんかつチェーンの1号店がフラグシップで、そこの代表的なロースとんかつを食べる。とんかつの世界レベルの一つの基準が知れる店だとも言えよう。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事