みよしのさっぽろ 1号店 狸小路店

みよしのさっぽろ 1号店 狸小路店

カレーと餃子、両方食べたくなったらどうする?

ある日、カレーと餃子を同時に食べたくなる日が、来るかも知れない。
そんな日が来たらどうする? CoCo壱番屋と王将をハシゴするのか?

そんなことをしなくても、一度に食べられるお店があるという。
しかも札幌のソウルフードだと言うではないか。

札幌で育っていない私には異世界のようであるが、その店の1号店はまだ創業の地に存在してるのだという。

IMG_6678

その店の名は「みよしのさっぽろ」。地元では「みよしの」と呼ばれている。

札幌の商店街である狸小路の中に、その1号店はあった。

1号店らしいこじんまりとした店舗で食べるカレーと餃子

IMG_6676
これだ!

この小さな店が、みよしのの1号店だという。

歴史を辿ると、なんと1967年にみよしのは1号店を開店させている。それが「みよしの 3条店」だ。

その後、3条店は名前を「狸小路店」となり、そのままこの地で営業を続けているのだという。
正真正銘の札幌ソウルフードである。

IMG_6677

表の「お食事メニュー」が目を引く。
「餃子」もしくは「カレー」。これがみよしのの全てだ。迷う必要はどこにもない。

IMG_6679

こちらが店内のメニュー。

IMG_6680

餃子と、カレーを少しだけ食べたいという人に「みよしのミックス」なるちょうど良い感じの定食も用意されている。

ここでは「ぎょうざカレー」をオーダー。そのままのネーミングだ。

カレーの上に餃子!これぞみよしの

IMG_6681

カレーの上にトッピングとして餃子が載っているというスタイルである。
これで390円なのだから素晴らしい。

カレーのルーは甘口か辛口かを選ぶことが出来る。辛口を選んだが、これでココイチのポークカレー相当だと感じた。
カレーの味としてははなまるうどんのカレーのような、少し和風を感じるものである。

餃子は薬味が効いていて、これまた甘口で優しい味である。

IMG_6683

餃子のタレを使わず、カレーと一緒に食べる。これがみよしの流だ。

小さな店内は地元の人で満員。年配の人にも愛されてるようだった。

長年地元に愛され、美味しく、安く、少しのオリジナリティ。

「みよしのさっぽろ」は、まさにソウルフードであった。

みよしのさっぽろ 狸小路店の地図


北海道カテゴリの最新記事