銀座ハゲ天 銀座本店

何故、ハゲなのか。ハゲた人が揚げている?

天ぷら専門店「銀座ハゲ天」
その本店は、その名の通り、銀座にある。

DSC00312

銀座の中央通り。
ここから1本中に入ったガス灯通りに、銀座ハゲ天銀座本店はある。

DSC00280

DSC00281

DSC00282

DSC00283

これが銀座ハゲ天 銀座本店のビルである。

これぞハゲ天タワー

DSC00287

下から上まで、全て銀座ハゲ天となっている!

DSC00285

DSC00308

地下1階:ハゲ天の串揚げカウンター

DSC00309

1階:テーブル席

DSC00310

3階:宴会個室

DSC00311

4階:個室カウンター

となっている。ここには無いが、2階はお手軽個室だ。2階・3階・4階は複数名で予約をして利用する部屋だ。

DSC00306

エレベーターも分かりやすい。

DSC00286

「天ぷらのすべて」と書かれたドア。これはハゲ天のキャッチフレーズである。
この言葉を作ったのは、二代目店主 渡辺亘氏であるという。

銀座ハゲ天の歴史と、「ハゲ」の意味は…

銀座ハゲ天のルーツとなるのは、1928年に創業者である渡辺徳之治氏が九段下にオープンさせた天ぷら店「多か良」(たから)だ。
しかしながら、渡辺徳之治氏は若くして頭髪が薄くハゲている男の天ぷら屋だからと、周囲から「ハゲ天」と呼ばれ始めた。

やがて渡辺氏は銀座に店舗を移し、店舗名もいつの間にか自ら「ハゲ天」と呼ぶようになると、そのインパクトのある名前がヒットし、店は繁盛したのだという。

2018年現在、銀座で80年とあるので、銀座で「ハゲ天」として創業したのは1938年のことなのだろう。

また、2018年7月現在、全国に「銀座ハゲ天」レストランを22店舗、デパートの地下などでの総菜屋としては71店舗が運営されている。

DSC00289

銀座ハゲ天 銀座本店の1階は、並んだテーブルと、天ぷらを揚げるためのガラス張りの厨房だけのシンプルな構成だ。

DSC00290

DSC00291

向かいの壁には、京都の智積院にある障壁画「桜図」を模した壁画が飾られており、圧倒される。
この壁画に見守られながら天ぷらを食べることになるのだ。どうだ。

DSC00284

外にあったメニュー。コースがいくつかあるようだ。

DSC00288

今回は最もベーシックな「スタンダードこーす」をオーダーしてみた。2380円である。

DSC00292

テーブルの上には天ぷらつゆと塩がある。奥の左側が辛口のつゆ、右側が甘口のつゆ、手前の白いのが塩である。

DSC00293

オーダーが通り、厨房では職人さんが天ぷらを揚げ始めた…!

DSC00297

ハゲ天 オリジナルプリントの箸袋。

DSC00295

最初にこのお盆が運ばれてくる。天ぷらつゆ用の皿や、お漬け物などだ。
食前酒としての梅酒もある。

DSC00296

まずは茶碗蒸し。出汁の味が優しい!

DSC00298

トウモロコシと枝豆のご飯、そして赤だし。

揚げたての超フレッシュな天ぷらが最高

DSC00299

そして運ばれてきた揚げたての天ぷら。まずは「海老」

天ぷらは揚げたてのものをすぐに食べるのが最高なのである。なぜなら油はあっという間に酸化するからだ。
揚げたての天ぷらは柔らかく、そして軽い!

DSC00302

「きす」「れんこん」
きすが柔らかすぎて悶絶してしまう。

DSC00303

「はも」「まいたけ」
はもはつゆに漬けずに食べる。そしてまいたけのジューシーなこと!

DSC00304

最後に「かきあげ」
これまで、讃岐うどんの店などでかきあげはたくさん食べてきたが、このかき揚げ、全然レベルが違う…!
天ぷら専門店の、しかも銀座ハゲ天 銀座本店のかき揚げの揚げたては、これほどまでにジューシーで柔らかく、繊細な味がするとは…!!
「スタンダードこーす」でも十分と言えるほど天ぷらが堪能できる!

DSC00305

そしてラストはデザートの「杏仁豆腐」
粘性の高い豆腐が、油っこい感じの口の中を、しっかりとリセットしてくれました。

昭和初期から銀座に店を構える「銀座ハゲ天」。その本店である銀座本店は、日本の天ぷらのお手本のような天ぷらを味わうことが出来た。インパクトのある店名に負けない天ぷらの美味さがあった。
それでいて、確実に満足できるリーズナブルなコース。

銀座ハゲ天 銀座本店で、本物の天ぷらを味わってみるのも一興である。

銀座ハゲ天 銀座本店の地図