釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店

手軽に味わえる本格派スパゲッティの店

釜あげのスパゲッティを、多種多様な味で楽しむことが出来る「釜あげスパゲッティ すぱじろう」。
その1号店であり本店は、東京の恵比寿にある東京・恵比寿本店だ。

恵比寿駅から徒歩2分の好立地に位置する、すぱじろう 東京・恵比寿本店

ひらがなで「すぱじろう」と書かれた看板が目立つ。

立て看板にはテイクアウトメニューが並ぶ。
充実のラインナップだ。

人気メニューのTOP 10に食欲をそそられる。

それでは釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店、入店してみよう。

ピザ専門店からのスピンアウト!

釜あげスパゲッティ すぱじろうは、「ピッツェリア マルデナポリ」を運営する株式会社マルデナポリジャパンによって、2007年、恵比寿本店を1号店として創業したスパゲッティの専門店だ。

麺1本1本に熱を均一に入れるためにゆで釜を使うことが、店名である「釜あげスパゲッティ」の元になっている。

釜あげスパゲッティ すぱじろうは2021年10月現在、首都圏を中心に15店舗で運営されている。

店内は、1階はカウンター席中心、2階はテーブル席中心という構成になっている。

すぱじろうのグランドメニュー。

「和風すぱ」「洋風すぱ」「サラダすぱ」と分類された、数多くのラインナップに圧倒される。
そして、どのサイズでも同じ価格というのもすぱじろうの特徴だ。
たくさん食べたい人にはありがたい。

今日は「カリカリベーコンのクリーミーカルボナーラ」をオーダー!

サラダやデザートが付いたセットも4種類ある。

首都圏を中心に15店舗のチェーン展開だ。

テーブル上にはゴマやフライドガーリックなどが置かれている。

箸で食べるタイプの和風創作パスタというスタイルだ。

モチモチした麺が気持ちいい!親しみやすいスパゲッティの姿

しばらくして運ばれてきた「カリカリベーコンのクリーミーカルボナーラ」

その名の通り、クリーミーなカルボナーラの上に、カリカリとした歯応えのベーコンがトッピングされている。

麺はしっかりとコシがあり、カルボナーラソースがじっくりと絡む。
釜あげらしく、どの麺も一様に心地の良い噛み応えと、小麦の旨味を感じることができる。

シンプルながらも奥が深く、どれだけ食べても飽きない味付けは、さすが専門店といったところだ。

湯飲みに入ったスープはシンプル。
スパゲッティからの簡単な口直しにはちょうど良い。

気軽に入れるスパゲッティ専門店。
どのサイズも同じ価格で、1000円以内でだいたい食べることができる。
それでいて、かなり豊富なメニュー達。

すぱじろうは、スパゲッティの持つ「シンプルさの中にある奥の深さを」感じさせてくれた。

釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店の地図

最新情報をチェックしよう!