モスバーガー 1号店 成増店

純日本産のハンバーガーチェーン

1970年初頭。マクドナルドが銀座の三越1階の期間限定店舗にて日本上陸をしたのを皮切りに、日本にファストフード旋風が巻き起こった。
そんな中、純日本産で日本オリジナルのハンバーガーチェーンとして生まれたのがモスバーガーだ。
1号店は、東京の成増にある成増店だ。

東武鉄道 成増駅。

南口から成増スキップ村のゲートを通って少し歩くと、モスバーガー成増店がある。

成増店は一戸建てタイプの店舗で、2階建てだ。

SINCE1972 1号店 成増店

と書かれた金属のプレートが重厚だ。

入口横に立ててあるメニューボード。
さあ今日は何を食べようか?

モスチーズバーガーをオーダーすることにした!

モスバーガー永遠のレギュラーバーガーを1号店で食べてみよう。

成増に生まれ、今も成増の地で愛される存在

モスバーガーが創業したのは、1972年のこと。
創業者である櫻田慧氏は、証券マン時代にロサンゼルスで食べたおいしいハンバーガーが忘れられず、これを日本で提供したいと思い、1972年3月に成増の地でモスバーガーのパイロット店をオープンさせた。当初は2.8坪という広さで、八百屋さんの倉庫を借りての営業だったという。

翌1973年にはテリヤキバーガーが大ヒット。これがモスバーガー黎明期における飛躍の切っ掛けとなり、店舗拡大を行っていく。

モスバーガーの「MOS」とはMountain、Ocean、Sunの頭文字をとったもので、それぞれ「山のように気高く堂々と」「海のように深く広い心で」「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」という意味が込められているという。

2012年4月現在では国内1260店舗で、そのほとんどがFC店だ。うち、直営店は40店舗となっている。海外には420店舗だ。

入口のポスターには、「ここ成増の地でモスバーガーは生まれました」とある。

このポスターには、当時の写真などが記載されている。
成増店が1号店であることを感じさせるものだ。

なお、モスバーガーの看板は以前の赤いもの、通称「赤モス」から、高級感や自然志向を謳う「緑モス」に切り替えられるという歴史を辿っている。
2009年の初回訪問時は「赤モス」であった。

ほっと一息できる空間

モスバーガー 成増店のカウンター。

日本ハンバーグ・ハンバーガー協会認定の、販売指定店。

1階にも少しカウンター席がある。

入口方面を見たところ。

フロアのメインとなる2階。
木造らしく、どこか暖かみを感じる空間だ。

階段の踊り場に展示されている、店舗で使われている木材やLED照明についての説明ボード。

観葉植物が大きく飾られ、自然志向を感じさせる雰囲気のテーブル。

窓に向けたカウンター席からは、成増の駅前風景を見ることができる。

NARIMOS」という文字ブロックが飾られている。もちろん増のモスバーガーのことだ。

ちなみに2009年訪問時にはたくさんの展示がなされていた。

2001年に書かれた謝辞。

踊り場にはヒストリカルな写真の数々があった。

当時の貴重な広告。

モスバーガー創業前、ロサンゼルスに渡った創業者達は、この「トミーズ」というハンバーガーショップにいたく感銘を受けたのだという。

中央が、モスバーガー創業者の櫻田氏。

そして1972年、地下街から出て、この地に1号店がオープンした。

モスチーズバーガー、これぞ日本のハンバーガー

しばらくして運ばれてきたのは、モスチーズバーガーオニポテペプシコーラ

モスバーガーといえばオニポテで、コーラはペプシだ。

お手拭きはモスバーガーのシグネチャーモデルだ。

モスチーズバーガー
フレッシュで厚みのあるトマト、フワフワのバンズ、そして肉の旨味を感じられるパティ。

マクドナルドに感じるようなアメリカンな味ではなく、どこかにしつらえがある。
もはや和風と言ってもよいかも知れない。

日本人にとって、嫌な部分が全く無い。モスバーガーはそんな味だと思う。

そしてこれ、オニポテ。オニオンリングとフライドポテトのセット。
モスバーガーに行くと毎回これを頼んでしまうほど好きである。

純国産ハンバーガーチェーン、モスバーガー。

スピードを追わず、手作りの良さを活かす。
でも、グルメバーガーまで行かない。
そんな独特の立ち位置がモスバーガーの魅力である。

他のハンバーガーチェーンには無い、どこか牧歌的でホッとする感じがある。
モスバーガーに行くと、何だか癒やされた気になるのだ。

モスバーガー 1号店 成増店の地図

モスバーガーの本やグッズ

最新情報をチェックしよう!