香の川製麺 1号店 寝屋川昭栄町店

大阪生まれの讃岐うどんチェーン

関西を中心にチェーン展開するセルフスタイルの讃岐うどんチェーン「香の川製麺」
その1号店は、大阪府寝屋川市にある「寝屋川昭栄町店」だ。

香の川製麺 寝屋川昭栄町店は京阪本線の寝屋川市駅より、徒歩11分の所にある。

香の川製麺は、レストランのフレンドリーなどを運営する株式会社フレンドリーによって、新業態として2009年にスタートしたセルフスタイルの讃岐うどんチェーン店だ。

その1号店はここ、寝屋川昭栄町店
元々大阪で長い歴史を誇り、店舗数も多いフレンドリーだけに、新業態も大阪が中心とした展開となっている。

2020年1月現在、関西に28店舗にて運営されている。特に2019年の新規出店ペースが速く、その多くが既存のフレンドリーからの業態変更だ。

香の川という名前が、香川を連想させそうで、香川とは言ってない。
絶妙なネーミングだ。

とにかく魅せる厨房は、店内製麺までも行う

入店すると、すぐに製麺工場のような厨房。
香の川製麺は店内にて小麦粉から製麺しているのだ。

日清製粉の中力粉「ななかまど」が積まれている。

昼時の厨房は戦場のような慌ただしさ。
列をなす多くのお客さんに、てきぱきとうどんを提供していく。
まさに魅せる厨房だ。

讃岐うどんのコシと喉ごしを多彩な味わいでお楽しみください。
と書かれたボードを見て、讃岐うどん気分が盛り上がる。

香の川製麺のメニュー表
セルフ式なので、ここで選んですぐに注文するスタイルだ。

その特徴は、麺は1玉、2玉、3玉まで同じ値段という点である。
たくさん麺を食べたい人にとって、かなりありがたいサービスではないだろうか。

ちなみに3玉まで同じ値段というのは、大分にある鳴門うどんもこのサービスを行っている。

さらに、愛媛にある大介うどんに至っては、どんぶりの中に麺が入るだけ!という太っ腹サービスもあったりする。

うどん1杯ごとに何かがもらえる、学割定期券というのも販売されている。4回食べると元が取れるという。

うどんを注文したら、天ぷらやおにぎりを皿に取っていく。これをセルフスタイルという。

唐揚げは、大分の唐揚げチェーン店「からいち」による監修のものだ。

ボリューミーなかきあげ天

天ぷらやおにぎり類を取ったらお会計をする。

だしもセルフ式となっている。

そしてねぎ天かす生姜などを入れる。

香の川製麺では、ねぎは工場では刻まず、店内で刻んでいるという。
だから刻みたてのフレッシュなねぎなのだ。

だしの美味さが印象的!

最もスタンダードな「かけうどん」「なす天」をセットで!

だしの味が、関西人の味覚を知り尽くしているかのような美味しさだ。
他の讃岐うどんチェーンとは一線を画する部分といえばこの味だろう。

麺は店内製粉ということで弾力に富み、適度なコシを味わえる。

なす天はカラリと揚げられており、中は柔らかく仕上がっている。

讃岐うどんの付け合わせの天ぷらには醤油をかけるか、ソースをかけるか、はたまた出汁醤油をかけるか?という所だが、個人的には天ぷらには出汁醤油をかけるのが好みだ。

関西で急速に店舗を増やす香の川製麺。
2000年以降、セルフの讃岐うどんチェーン店は激戦区となっている中、新しい刺客として関西以外にも羽ばたいていくのか、今後も香の川製麺から目が離せない。

香の川製麺 1号店 寝屋川昭栄町店の地図