しゃぶしゃぶ 温野菜 1号店 経堂店

しゃぶしゃぶ 温野菜 1号店 経堂店

主にロードサイドで見かけるしゃぶしゃぶのチェーン店と言えば、「温野菜」と「木曽路」だろう。
大きな看板でひときわ目立つ存在のしゃぶしゃぶチェーンである。

しゃぶしゃぶ温野菜が創業したのは、2000年3月と、歴史はまだまだ浅い。
牛角を展開するレインズインターナショナルが作ったしゃぶしゃぶチェーンのブランドである。
その1号店は、東京・世田谷の小田急・経堂駅の近くにある。

DSC06500
DSC06502
経堂駅から徒歩1分という好立地の所にある、しゃぶしゃぶ温野菜。
ロードサイドに大きく店を構えるイメージのある中で、ちょっと他とイメージが違うのも1号店ならではかも知れない。

現在はレインズインターナショナル(レックスホールディング)の直営店ではなく、フランチャイズ店となっているが、1号店の場所は創業当時のままだ。

DSC06505
DSC06503
1号店らしく、決して広いとは言えない店内。ロードサイドの温野菜のイメージとは若干異なる。
個人店舗のような趣すら感じさせる。1号店の醍醐味を感じる部分だ。

DSC06508
黒毛和牛へのこだわり。

DSC06506
おしぼり。
「黒毛和牛と国産野菜にこだわった、ちょっとぜいたくなひととき」
これがしゃぶしゃぶ温野菜の全てを物語っている。
決して安売りしない。こだわり、ちょっと贅沢に仕上げる。そのポイントは、多彩なだしや、フォアグラ入りのごまだれや、ランク分けされた和牛などに感じる事が出来た。

DSC06509
鍋は火鍋のように2種類のだしを楽しめる。今回はベーシックな昆布だしと、濃厚白湯だしをチョイス。

この濃厚白湯だしは、いわゆるとんこつラーメンのスープである。

一時期、天下一品のスープでしゃぶしゃぶを食べると美味い!なる情報でネットが沸いたことがあるが、まさにこの白湯だしは天下一品のスープや家系のスープをよく研究している。素晴らしい。ラーメンスープの味そのものだった。

しゃぶしゃぶ温野菜の1号店から、天下一品の北白川総本店へのリスペクトの念が送られているのをキャッチすることに成功した!

ただし、この白湯スープでばかりしゃぶしゃぶを食べていると、肉を食べた感じがあまりしない。スープが強すぎて、ラーメンを食べた後食感に苛まれるので、やりすぎは要注意だ。

DSC06510
これがしゃぶしゃぶ温野菜1号店の黒毛和牛しゃぶしゃぶ 680円。良い肉でした!

駅前のこじんまりとしたしゃぶしゃぶ屋さんで食べるしゃぶしゃぶだけど、そこは実は温野菜、というフェイント具合が存分に味わえるのはこの1号店かも知れない。

本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。


大きな地図で見る

東京都カテゴリの最新記事